「騙し絵の牙」大泉洋が両親の感想明かす、母からは「こういう映画に出なさい」

340

騙し絵の牙」の“ダマキバ感謝祭”が本日4月9日に大阪・大阪ステーションシティシネマで行われ、主演を務めた大泉洋、監督の吉田大八が登壇した。

「騙し絵の牙」“ダマキバ感謝祭”の様子。左から大泉洋、吉田大八。

「騙し絵の牙」“ダマキバ感謝祭”の様子。左から大泉洋、吉田大八。

大きなサイズで見る(全9件)

「騙し絵の牙」ポスタービジュアル

「騙し絵の牙」ポスタービジュアル[拡大]

塩田武士が大泉を主人公に当て書きした同名小説を映画化した本作。出版不況と権力争いに揺れる出版社・薫風社の雑誌トリニティの編集長・速水の生き残りを懸けた大逆転劇を描く。

大泉洋

大泉洋[拡大]

本作としては初めての東京以外での実施となった本日のイベント。出演する舞台が大阪で公演中のため登壇の叶った大泉は「舞台挨拶と言えば東京でやりがちだが私はどうしても大阪でしたい!ということで大阪に来ました」とうそぶきながら、観客への感謝を伝える。周囲の反響については「普段の作品以上に、いい感想をいただくことが多いです。いつもはまったく感想を送ってこない父からも『大変面白く拝見しました』とメールが届きました」と告白。また、母親からは「こういう映画に出なさい」とアドバイスを受けたという。吉田も「今までのどの作品よりも、ストレートに面白かったと熱い感想をいただくことが多い」と反響の大きさを明かした。

吉田大八

吉田大八[拡大]

イベントでは新人編集者・高野恵役の松岡茉優からのメッセージも上映。大泉は「きっと宣伝部に頼まれたんでしょうねえー」と茶化しつつ、松岡の「一緒に北海道に行きたい! 北海道の大地が大泉さんをどう歓迎するのか目の当たりにしたい!」という要望には「皆さんが思うほど北海道は歓迎してくれない。いつも見てる親戚のおじさんが来た、みたいに落ち着いた雰囲気で迎えられるんですよ」とコメントする。吉田は「それでも行ってみたい。北海道に限らず、観ていただける方がいるならどこでも行きたいです」と全国行脚への意欲を見せた。

吉田大八(右)から花束を受け取った大泉洋(左)。

吉田大八(右)から花束を受け取った大泉洋(左)。[拡大]

大泉洋

大泉洋[拡大]

4月3日に48歳の誕生日を迎えたばかりの大泉に、吉田がサプライズで花束を贈る場面も。今後の抱負を尋ねられると、大泉は「48歳こそは立派な大人になって、かっこいい映画にたくさん出たい! かっこいい大人になりたい。かっこいい大人になるべく『水曜どうでしょう』を辞めます!」と冗談交じりに衝撃発言。最後に「やりたいこと、好きなことを探して必死になって懸命に生きる大人の物語。観終わったあとにがんばる気持ちが湧く作品だと思います。春ということで新しいことを始める方や、学生の皆さんにも刺激になると思うのでたくさん観ていただきたいです」と映画をアピールし、イベントを締めくくった。

「騙し絵の牙」は全国で公開中。

この記事の画像・動画(全9件)

(c)2021「騙し絵の牙」製作委員会

関連記事

大泉洋のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 騙し絵の牙 / 大泉洋 / 吉田大八 / 松岡茉優 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。