安田顕が主演ドラマ「きよしこ」に「出会えて良かった」、撮影を振り返る

262

3月20日放送の単発ドラマ「きよしこ」より、主演を務める安田顕のコメントが到着した。

「きよしこ」

「きよしこ」

大きなサイズで見る(全4件)

「きよしこ」

「きよしこ」[拡大]

本作は、重松清の同名小説をもとにした物語。同書に収められた「きよしこ」「どんぐりのココロ」「東京」の3編を中心に、少年時代から吃音を抱えている小説家・白石清が、温かい生活の中で1冊の本を書き上げるまでの姿が描かれる。安田が白石を演じるほか、西田尚美、吹越満、菊池風磨(Sexy Zone)、福地桃子、千原せいじ、貫地谷しほり、眞島秀和らが共演に名を連ねた。

本作の現場を振り返り、安田は「作品に対し真摯に向き合う姿勢に満ちた撮影現場でした。それが映像から溢れてきます。とある作家の少年時代が数本の短編で描かれたこの作品は、いたるところに優しさが溢れ、涙がじんわり滲みました」とコメント。また「重松清さんが書かれた個人的なお話しは、言葉にできない思いを言葉にして寄り添ってくれます。『それが、本当に伝えたいことだったら、伝わるよ、きっと』。肝に銘じて、過ごします。是非、ご覧ください」と視聴者に向けてメッセージを送った。

「きよしこ」はNHK総合で21時からオンエア。「青くて痛くて脆い」の狩山俊輔が演出を手がけた。

土曜ドラマ「きよしこ」

NHK総合 2021年3月20日(土・祝)21:00~22:13

安田顕 コメント

この作品に出会えて良かったと、心から思います。
作品に対し真摯に向き合う姿勢に満ちた撮影現場でした。それが映像から溢れてきます。とある作家の少年時代が数本の短編で描かれたこの作品は、いたるところに優しさが溢れ、涙がじんわり滲みました。
重松清さんが書かれた個人的なお話しは、言葉にできない思いを言葉にして寄り添ってくれます。

「それが、本当に伝えたいことだったら、伝わるよ、きっと」。

肝に銘じて、過ごします。
是非、ご覧ください。

この記事の画像(全4件)

関連記事

安田顕のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 安田顕 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。