Netflix映画「好きだった君へ」最終章が配信、ララが人生を変える2つの旅へ

75

Netflixオリジナル映画「好きだった君へ」シリーズ最終章「To All the Boys: Always and Forever」が、「好きだった君へ: これからもずっと大好き」の邦題で2月12日17時より配信される。

「好きだった君へ:これからもずっと大好き」

「好きだった君へ:これからもずっと大好き」

大きなサイズで見る(全8件)

「好きだった君へ:これからもずっと大好き」キーアート

「好きだった君へ:これからもずっと大好き」キーアート[拡大]

同シリーズはジェニー・ハンによるベストセラー小説を原作に、ラナ・コンドルが主演を務めたロマンティックコメディ。「好きだった君へのラブレター」「好きだった君へ: P.S.まだ大好きです」に続く第3弾では、高校生活の終わりが近付く主人公ララ・ジーン・コヴィーの姿が描かれる。彼女が大人になる準備を進める中、家族や友達、そして恋人ピーターとの関係性は徐々に変化していく。ノア・センティネオがピーター役を続投し、マイケル・フィモナリが前作に引き続き監督を務めた。

「好きだった君へ:これからもずっと大好き」

「好きだった君へ:これからもずっと大好き」[拡大]

「好きだった君へ:これからもずっと大好き」

「好きだった君へ:これからもずっと大好き」[拡大]

YouTubeで公開中の予告編には、韓国とニューヨークへ旅に出るララの姿を収録。人生を変える2つの旅のほか、大学受験やプロムなど、高校卒業を控えたララの慌ただしい日常が切り取られていく。彼女の「世界は変わっていく。このままでいたい」というセリフも収められた。

この記事の画像・動画(全8件)

ラナ・コンドルのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ラナ・コンドル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。