自閉症者の世界を体感、ドキュメンタリー「僕が跳びはねる理由」予告解禁

143

イギリスのドキュメンタリー「僕が跳びはねる理由」の予告編がYouTubeで解禁された。

「僕が跳びはねる理由」

「僕が跳びはねる理由」

大きなサイズで見る(全8件)

「僕が跳びはねる理由」ポスタービジュアル

「僕が跳びはねる理由」ポスタービジュアル[拡大]

本作は東田直樹が13歳のときに執筆した「自閉症の僕が跳びはねる理由」を原作に、5人の自閉症の少年少女の目に映る世界を捉えたドキュメンタリー。「CHANGE: グリーンピース誕生秘話」で知られるジェリー・ロスウェルが監督を務めた。

「僕が跳びはねる理由」

「僕が跳びはねる理由」[拡大]

「僕が跳びはねる理由」

「僕が跳びはねる理由」[拡大]

予告では声優の河西健吾がナレーターを務め、東の言葉を読んだ。「言いたいことが言えない生活を想像できますか?」という問いかけから始まり、周囲に理解されにくい自閉症者の立場から「僕は世界をどう見ているのか。僕の場合は、まず、部分が飛び込んでくる」「今言われたことも、ずっと前に聞いたことも、僕の頭の中ではあまり変わらない」と語られる。映画本編では、自閉症者が見て感じている世界の疑似体験を目指し、さまざまな映像表現や音響効果を駆使。予告でも「先端だけ見える鉛筆」「ガラスが細かく割れるように聞こえる雨の音」など、その一部が収録されている。

「僕が跳びはねる理由」は、4月2日より東京・角川シネマ有楽町、新宿ピカデリーほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2020 The Reason I Jump Limited, Vulcan Productions, Inc., The British Film Institute

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 僕が跳びはねる理由 / ジェリー・ロスウェル / 河西健吾 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。