タイのクライムサスペンスBL「マナー・オブ・デス」放送、法医学者と容疑者の恋描く

226

タイ発のクライムサスペンスBLドラマ「Manner of Death/マナー・オブ・デス」が、CSの衛星劇場で明日2月7日から日本初放送される。

「Manner of Death/マナー・オブ・デス」ビジュアル

「Manner of Death/マナー・オブ・デス」ビジュアル

大きなサイズで見る(全8件)

「Manner of Death/マナー・オブ・デス」

「Manner of Death/マナー・オブ・デス」[拡大]

「ミウの歌~Love of Siam~」のチューキアット・サックウィーラクンが監督した本作では、互いに惹かれ合う法医学者バンと容疑者テーンの関係が描かれる。劇中では、友人ジェーンの遺体発見現場を訪れたバンが、事件を調べるためにジェーンの恋人であるテーンを探ることに。事件前にバーで出会い、特別な何かを感じていた2人は、真相へ近付くにつれて深い関係となっていく。主演を務めるのは、“MaxTul”と呼ばれ、カップルとしてのドラマ共演は4作目となるパーコーン・タナシーワニットチャイとナッタポン・ディロックナワリット。

「Manner of Death/マナー・オブ・デス」

「Manner of Death/マナー・オブ・デス」[拡大]

全14話の「Manner of Death / マナー・オブ・デス」は、毎週日曜24時15分から放送。

Manner of Death/マナー・オブ・デス

衛星劇場 2021年2月7日(日)スタート 毎週日曜 24:15~25:15

この記事の画像(全8件)

関連記事

チューキアット・サックウィーラクンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)WeTV

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 チューキアット・サックウィーラクン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。