「秘密への招待状」監督、妻のジュリアン・ムーアと「2人で役を深めることができた」

33

秘密への招待状」より、監督を務めたバート・フレインドリッチのインタビューコメントが到着した。

バート・フレインドリッチ

バート・フレインドリッチ

大きなサイズで見る(全13件)

「秘密への招待状」ポスタービジュアル

「秘密への招待状」ポスタービジュアル[拡大]

ジュリアン・ムーアミシェル・ウィリアムズが共演した本作は、スサンネ・ビアの監督作「アフター・ウェディング」をハリウッドリメイクした作品。インドで孤児たちの救援活動に人生を捧げるイザベルのもとに、ある日、多額の寄付の話が舞い込む。ニューヨークまで支援者のテレサに会いに行ったイザベルは、寄付金のために渋々テレサの娘の結婚式に出席することに。しかしその結婚式でテレサの夫が元恋人オスカーであり、目の前の新婦グレイスがオスカーと自身の娘だと気付く。ムーアが主人公のテレサ、ウィリアムズがイザベルを演じた。

「秘密への招待状」

「秘密への招待状」[拡大]

オリジナル版では男性2人の物語だったが、主人公を女性に変更した本作。フレインドリッチは「主人公の性別を変えることで、オリジナル作品が持つ力強さを維持しながらも、違ったテイストを加えられると思いました」と語る。またムーアの夫でもある彼は「とてもパワフルな女優と一緒に生活しているので、俳優に大きな尊敬の念を抱いています」と述べ、「今、少しずつ女性の役割が変わってきていることを感じていますが、複雑な役を女性が演じることはまだ少ない。主役を男性から女性に変更することで、物語がより今に即したものになると思ったんです」と自身の考えを明かした。

「秘密への招待状」

「秘密への招待状」[拡大]

「秘密への招待状」

「秘密への招待状」[拡大]

「ジュリアンは早い段階から本作に関わっていました」と回想するフレインドリッチは、「ジュリアンが飛行機で脚本を読んでいるのを盗み見たとき、彼女は泣いていた。そのとき、彼女が本作の出演を引き受けてくれると思いました。一緒に暮らしているので、2人で役を深めていくことができましたね」と述懐。そして「ジュリアンとミシェルを得たこと、またアビー・クインのように役の複雑性を理解できる役者と仕事ができるのは素晴らしいことです。自分が想像できなかった要素を彼女らが埋めてくれました」とキャストに賛辞を送った。

「秘密への招待状」は、2月12日に東京・TOHO シネマズシャンテほか全国で公開。

この記事の画像・動画(全13件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)ATW DISTRO, LLC 2019

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 秘密への招待状 / バート・フレインドリッチ / ジュリアン・ムーア / ミシェル・ウィリアムズ / アビー・クイン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。