越智ゆらのと小南光司がW主演、品川区製作のドラマ「はつ恋とビー玉」配信

35

東京・品川区が製作したTwitterドラマ「はつ恋とビー玉 ~10の約束~」が2月5日18時より配信決定。予告編がYouTubeで解禁された。

「はつ恋とビー玉 ~10の約束~」ビジュアル

「はつ恋とビー玉 ~10の約束~」ビジュアル

大きなサイズで見る(全17件)

本作は目黒川と京浜運河に囲まれた場所にある小さな島・天王洲アイルで生まれ育った幼なじみの2人が織りなす恋物語。ある事情で品川を離れることになった大学4年生の優希は、子供の頃から好きだった武流に思いを伝えられずにいた。優希は武流への初恋の思い出を残したいという一心で、10回のデートという約束を取り付ける。

「はつ恋とビー玉 ~10の約束~」

「はつ恋とビー玉 ~10の約束~」[拡大]

「はつ恋とビー玉 ~10の約束~」

「はつ恋とビー玉 ~10の約束~」[拡大]

「おかざき恋愛四鏡」の越智ゆらのが優希、2.5次元舞台に多数出演してきた小南光司が武流を演じた。ほかに土屋りほ、数井琥恩、松岡里英が出演。「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」の川野浩司が監督を務め、舞台「ユメノカケラ ~ラチエンブラザーズ物語~」の吉田なが乃が脚本を手がけた。品川区の魅力発信を目的に製作された本作のタイトル「はつ恋」には、初めて品川を訪れる人々への「この街に恋をしてほしい」という思いが込められている。

全12話の「はつ恋とビー玉 ~10の約束~」は、ドラマの公式Twitterアカウントで配信。毎週、月曜、水曜、金曜の18時より配信される。越智、小南、川野によるコメントは下記の通り。

越智ゆらの コメント

今回、お芝居をするにあたって、正直不安しかありませんでしたが、いざ撮影が始まってみると、いろいろなところに行けて楽しかったです。さらに、いろいろなことを知ることができ勉強にもなりましたし、とても楽しい時間を過ごせました。ドラマを通して、私たちが受け取った品川区の魅力を感じていただけたら嬉しいですね。撮影現場にもなった天王洲アイル第二水辺広場は、雰囲気もオシャレで、大人のデートにもピッタリだなって感じました。散策するだけでも楽しそうです。そして、プラネタリウムや水族館には絶対、プライベートで行きたいって思いましたし、屋形船にも乗りたいです。ぜひ、たくさんの方にドラマを観て、品川区の魅力に触れていただきたいです。お願いします。

小南光司 コメント

今回、武流役を演じさせていただく中で、品川区の魅力に触れていくことによって、お芝居という意識を超えて、本当に品川区が好きになりました。品川区にこんなにもいろいろなスポットがあるんだということを知ることができうれしかったですし、サラリーマンの街というイメージを完全に払しょくする魅力を感じました。このドラマを観ていただく皆さんには、映像を通じて品川区の今を味わっていただきたいですし、品川区に行きたい!って思ってもらえたらうれしいです。
楽しんでください。

川野浩司 コメント

ひとりの女の子が勇気を振り絞りました。その勇気は約束を果たすためにそんなドラマをつくりました。
約束は守るためにあるのです。

この記事の画像・動画(全17件)

越智ゆらののほかの記事

リンク

(c)品川区

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 越智ゆらの / 小南光司 / 川野浩司 / 松岡里英 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。