「ツナガレラジオ」西銘駿と飯島寛騎捉えた新写真&オフショット到着

316

ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」より、西銘駿飯島寛騎を捉えた新場面写真とオフショットが到着した。

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」新場面写真。西銘駿演じるアクト。

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」新場面写真。西銘駿演じるアクト。

大きなサイズで見る(全34件)

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」新場面写真。飯島寛騎演じるニガリ。

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」新場面写真。飯島寛騎演じるニガリ。[拡大]

オールナイトニッポンiで配信中のWebラジオ番組「おしゃべや」をオリジナルストーリーで映画化した本作。共同生活を送る10名の“ワケアリ男子”が、過去に存在したラジオ局を自分たちの手で復活させるべく奮闘するさまを描く。このたび公開された場面写真には、西銘演じるアクトがマイクに向かって話す姿や、飯島扮するニガリがアクトと向かい合う様子が映し出された。

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」オフショット

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」オフショット[拡大]

西銘演じるアクトは、ラジオの構成を担当。劇団所属の無名役者だったが、「あふりラジオ」というラジオの募集広告を見て雨降山にやってきた彼は、構成作家としてラジオを成功させるべく懸命に面白い企画を考えようとする。アクトという役名は、元劇団員であることから“演じる”の英語に由来している。

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」オフショット

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」オフショット[拡大]

飯島扮するニガリは、カフェの経営者でラジオの発起人という役どころ。クールで口数は少ないが、ラジオに対して誰よりも熱い思いを持つ彼は、豆腐料理店を営んでいた父がかつてやっていたラジオ番組を復活させようと「あふりラジオ」を立ち上げる。役名のニガリは、豆腐の凝固剤として使われる“にがり”から取られた。

川野浩司が監督を務めた「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」は2月11日に公開。阿久津仁愛、井阪郁巳、橋本祥平、深澤大河、ゆうたろう、板垣李光人、立石俊樹、醍醐虎汰朗がキャストに名を連ねている。

この記事の画像・動画(全34件)

関連記事

西銘駿のほかの記事

リンク

(c)2021「雨降ラジオ」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~ / 西銘駿 / 飯島寛騎 / 川野浩司 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。