西銘駿のあだ名は急行電車?飯島寛騎は7頭身早男に、「ツナガレラジオ」キャスト集結

85

ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」公開記念トークショー付き上映が2月11日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で開催。キャストの西銘駿飯島寛騎阿久津仁愛井阪郁巳橋本祥平深澤大河ゆうたろう立石俊樹醍醐虎汰朗が登壇した。

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」公開記念トークショーの様子。

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」公開記念トークショーの様子。

大きなサイズで見る(全24件)

西銘駿

西銘駿[拡大]

阿久津仁愛

阿久津仁愛[拡大]

共同生活を送る“ワケアリ男子”たちが、過去に存在したラジオ局を復活させるべく奮闘するさまを描く本作。オールナイトニッポンiで配信中のWebラジオ番組「おしゃべや」でパーソナリティを務めているキャスト陣だが、それぞれ撮影で初めて顔を合わせた面々も多かったよう。西銘が「新鮮さがあって、最初はなかなか『初めまして』感が抜けなかった」と述べる一方、阿久津は「撮影が朝早く、ロケ地が山の奥のほうだったので山登り、ハイキングのような感じが清々しかったです。この行き帰りで絆が深まりました」と話した。

飯島寛騎

飯島寛騎[拡大]

ゆうたろう

ゆうたろう[拡大]

飯島は「各々のキャラクターが持っている個性がありました」と話し、「本当にみんなかっこよかった。ゆうたろうは“かわいい”担当などいろんな担当があって、各々の色が光っていたと思います」とコメント。するとゆうたろうから「飯島さんは?」と振られ、すかさず「“もっとかわいい”担当です(笑)」と切り返して会場に笑いを起こした。

井阪郁巳

井阪郁巳[拡大]

深澤大河

深澤大河[拡大]

井阪は「飯島くんがオーラでメンバーを引っ張っていった」と言うも、西銘が「飯島くんはすごく考えているように見えて何も考えてないから(笑)。さっきも(舞台挨拶に)出てくる直前に『今日、公開か?』って言ってた」と暴露する一幕も。続いて深澤は撮影現場を振り返り、「控室は和室の大部屋でした。寒い時期の撮影だったので、みんなで暖まりながら待ってたんですけど、その雰囲気が何かに似てると思ったら、『小学校にあったウサギ小屋だ』と。みんな寂しがり屋だけど距離感がある感じ、さらに部屋の畳の草っぽい感じが……」と独特な感性を披露する。

醍醐虎汰朗

醍醐虎汰朗[拡大]

立石俊樹

立石俊樹[拡大]

橋本祥平

橋本祥平[拡大]

また西銘は醍醐のマイペースさに触れ「虎汰朗が一番現場でくつろいでいた。大変なシーンが終わって控室に戻ったら、大の字になって爆睡してました」と明かしたほか、立石については「みんなのことを『かわいい』って言ってくるんですよ(苦笑)」と困惑した面持ちでコメント。美意識の高さからスタッフから“お姉さん”と呼ばれていたという立石は「今日、久しぶりに会ったら橋本祥平くんがかわいいです」と笑顔を見せた。

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」公開記念トークショーの様子。

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」公開記念トークショーの様子。[拡大]

イベントではキャスト陣が自身の歌った曲を振り返り、さらにバレンタインデーの時期にあわせて「女の子がキュンキュンするセリフ」を披露する場面も。終盤にはラジオでペアを組んでいる相棒の新たなあだ名を各々が発表し、立石は寝坊を繰り返していたという醍醐を「寝た朗」、醍醐は「デュエル・マスターズ」が大好きな立石を「デュエマノッポさん」と命名した。飯島が「止まることを知らない」という西銘に「急行電車」と名付けると、西銘は「早食いと早歩きがとんでもない! マジで弁当は15秒で食べるし、歩く速度が走っているのと一緒!」と言い、飯島に「7頭身早男」とあだ名を贈る。最後のフォトセッションには監督の川野浩司がサプライズで登場し、キャスト陣を喜ばせた。

「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」は全国公開中。

この記事の画像・動画(全24件)

(c)2021「雨降ラジオ」製作委員会

関連記事

西銘駿のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~ / 西銘駿 / 飯島寛騎 / 井阪郁巳 / 阿久津仁愛 / 橋本祥平 / 深澤大河 / ゆうたろう / 板垣李光人 / 立石俊樹 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。