「43年後のアイ・ラヴ・ユー」ブライアン・コックスがブルース・ダーンとの共演語る

46

43年後のアイ・ラヴ・ユー」キャストであるブライアン・コックスのインタビュー映像がYouTubeで公開された。

「43年後のアイ・ラヴ・ユー」より、ブルース・ダーン演じるクロード(右)とブライアン・コックス扮するシェーン(左)。

「43年後のアイ・ラヴ・ユー」より、ブルース・ダーン演じるクロード(右)とブライアン・コックス扮するシェーン(左)。

大きなサイズで見る(全9件)

「43年後のアイ・ラヴ・ユー」

「43年後のアイ・ラヴ・ユー」[拡大]

アルツハイマー病にかかった昔の恋人リリィに会うため、病気のふりをして施設に入った元演劇評論家クロードの姿を描く本作。親友シェーンの協力でリリィと念願の再会を果たしたクロードだったが、リリィの記憶からクロードの存在は完全に消し去られていた。ある日、リリィと一緒にシェイクスピアの「冬物語」を施設で観劇することになったクロードは、孫娘と“ある作戦”を実行する。ブルース・ダーンがクロード、カロリーヌ・シロルがリリィを演じた。

「43年後のアイ・ラヴ・ユー」

「43年後のアイ・ラヴ・ユー」[拡大]

本作でクロードの親友シェーンに扮したコックス。映像の中で彼は、初共演となったダーンを「俳優として素晴らしい歴史がある」とたたえ、「私は脚本通りに進めるタイプの俳優ですが、彼はよく即興します」「その違いがうまく働きました」と撮影を振り返った。また「実は実弟と義理の弟、ほかの親戚もアルツハイマー病でした」と明かし、「アルツハイマーは理性的に理解しようとしても、理性では説明し切れないのです」「たくさんの色や瞬間がちりばめられた抽象画のようです。 時には真実が見えることもある」とコメントしている。

マーティン・ロセテが監督を務めた「43年後のアイ・ラヴ・ユー」は、1月15日に東京・新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開。

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

ブライアン・コックスのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 CREATE ENTERTAINMENT, LAZONA, KAMEL FILMS, TORNADO FILMS AIE, FCOMME FILM . All rights reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 43年後のアイ・ラヴ・ユー / ブライアン・コックス / ブルース・ダーン / マーティン・ロセテ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。