朝ドラ「おかえりモネ」撮影レポ、清原果耶「気仙沼はやはり海の町」

310

2021年度前期のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の撮影レポートが到着した。

「おかえりモネ」

「おかえりモネ」

大きなサイズで見る(全7件)

清原果耶が主演を務める「おかえりモネ」は宮城・気仙沼湾沖の島で生まれ、失敗と成功を繰り返しながらも気象予報士という夢を追いかける永浦百音の成長を描く物語。「透明なゆりかご」の安達奈緒子が脚本を担当し、一木正恵、梶原登城、桑野智宏らが演出に名を連ねた。

「おかえりモネ」

「おかえりモネ」[拡大]

「おかえりモネ」オフショット

「おかえりモネ」オフショット[拡大]

10月末から11月中旬にかけて、百音が生まれ育った場所である宮城・気仙沼市内でロケが行なわれた本作。百音と家族が久しぶりに再会するシーンや、中学生時代の百音が祭りで吹奏楽部の演奏を披露する場面などが捉えられた。清原は「登米市は、『森の町』という印象でしたが、気仙沼はやはり『海の町』という印象、同じ宮城県でも空気の匂いなど全然違いました。現地では、地元の方々から『がんばってください』とたくさんお声をかけていただいて、励みになりましたし、とてもうれしかったです」と同地での撮影を振り返った。

「おかえりモネ」は2021年春より放送。

この記事の画像(全7件)

関連記事

清原果耶のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 清原果耶 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。