デヴ・パテルがどん底作家に、C・ディケンズの自伝的小説をもとにした映画予告編

130

デヴ・パテルの主演作「どん底作家の人生に幸あれ!」が、2021年1月22日に公開。予告編と場面写真が到着した。

「どん底作家の人生に幸あれ!」ポスタービジュアル

「どん底作家の人生に幸あれ!」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

チャールズ・ディケンズの自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化した本作。主人公は子供の頃から周囲の“変わり者”たちのことを書き留めては、空想して遊んでいたデイヴィッドだ。母と家政婦の3人で幸せに暮らしていたデイヴィッドだったが、暴力的な継父により都会の工場へ売り飛ばされてしまう。どん底の中でたくましく成長した彼は、裕福な伯母の助けで、上流階級の名門校に通い始め、今まで体験した“作り話”を同級生に披露して人気者に。しかし彼の過去を知る者たちによって、再びどん底の世界に引き戻されそうになる。

「どん底作家の人生に幸あれ!」

「どん底作家の人生に幸あれ!」[拡大]

「どん底作家の人生に幸あれ!」

「どん底作家の人生に幸あれ!」[拡大]

監督を務めたのは「スターリンの葬送狂騒曲」のアーマンド・イアヌッチ。「LION/ライオン ~25年目のただいま~」「ホテル・ムンバイ」のパテルがデイヴィッドを演じ、裕福だが気性が激しい伯母に「サスペリア」のティルダ・スウィントン、デイヴィッドに付きまとう奇妙な世話係に「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」のベン・ウィショーが扮した。そのほか「トゥモローランド」のヒュー・ローリー、「パディントン」のピーター・キャパルディ、「ダンケルク」のアナイリン・バーナードらがキャストに名を連ねた。

予告編は「これは誰も予想できなかった、私の激動の人生です」というデイヴィッドの言葉でスタート。その後、数奇な運命に翻弄されるデイヴィッドの姿が切り取られた。

「どん底作家の人生に幸あれ!」は東京・TOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

デヴ・パテルのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 どん底作家の人生に幸あれ! / デヴ・パテル / ティルダ・スウィントン / ベン・ウィショー / ヒュー・ローリー / ピーター・キャパルディ / アナイリン・バーナード / アーマンド・イアヌッチ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。