草なぎ剛が震災から10年間を描く「ペペロンチーノ」主演、被災したシェフ演じる

1103

草なぎ剛が、NHKの宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」で主演を務めることがわかった。

草なぎ剛

草なぎ剛

大きなサイズで見る

東日本大震災が発生して以降、被災者の声を絶えず届けてきたNHK仙台拠点放送局。本作ではドラマという手法で被災者の心の葛藤、復興への歩みを描き出す。草なぎ演じる主人公は、宮城県牡鹿半島の海を望むイタリアンレストランのオーナーシェフ・小野寺潔。東日本大震災で店を津波に流され、アルコール依存となり自暴自棄の生活を送っていた潔だが、その後なんとかレストランの再建を果たし、2021年3月11日に友人たちを招いて特別な宴を開く。

草なぎは「被災された方の役を初めて演じることになり少し緊張しています。台本に込められた思いを、小野寺潔の10年間を演じることを通して皆さまにお届けできるよう頑張ります」と心境を伝えた。脚本は「私をスキーに連れてって」「病院へ行こう」や「LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと」の一色伸幸が手がけ、演出は丸山拓也が担当する。撮影は12月に行われる予定だ。

なおタイトルの「ペペロンチーノ」は、劇中で主人公の転機となるきっかけを与えた料理として登場するほか、一見シンプルそうに見えるが奥深い料理を人生になぞらえて一色により名付けられた。

「ペペロンチーノ」は2021年3月にNHK BSプレミアム、NHK BS4Kで放送。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記

草なぎ剛 コメント

宮城発地域ドラマ「ペペロンチーノ」に出演のお話をいただきとても光栄に思います。それと同時に、被災された方の役を初めて演じることになり少し緊張しています。
台本に込められた思いを、小野寺潔の10年間を演じることを通して皆さまにお届けできるよう頑張ります。

一色伸幸 コメント

初めて東日本大震災の被災地に行ったのは、2011年夏。
ダイバーとして、あの津波があった海の中を覗くためでした。
その旅以降、東北に知り合いが増え、ひとりは僕の家族にもなり、まもなく10年になるご縁を紡いできました。
彼らに「贈る言葉」を、精一杯、書きます。

丸山拓也 コメント

これまで被災地各地で取材を重ねドキュメンタリー番組を制作してきました。
被災者の方々から教わった生きる上で大切なことやふだんの番組では伝えきれない取材の実感をドラマに込めて伝えたいと思いました。
コロナ禍の今だからこそ、幸せの在り方を考えられるような、ぬくもりのあるドラマにできたらと考えています。

※記事初出時、人名に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします

関連記事

草なぎ剛のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 草なぎ剛 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。