中国で実写版「ヒカルの碁」が完成

503

マンガ「ヒカルの碁」が中国で「棋魂(原題)」として実写ドラマ化され、動画配信サービス・iQiyiで10月27日に配信開始となった。YouTubeではトレイラーが公開中だ。

「棋魂」ビジュアル

「棋魂」ビジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

ほったゆみが原作、小畑健が作画を担当した「ヒカルの碁」。囲碁を題材とした物語で、1999年から2003年まで週刊少年ジャンプで連載され人気を博した。

実写版のタイトルは中国で発売中の原作マンガと同じ「棋魂」に。ドラマ「最上のボクら with you」のリウ・チャンが監督を務め、主人公・進藤ヒカルを胡先煦、藤原佐為を張超、塔矢アキラをハオ富申が演じた。中国での実写化にあたり、原作の著作権管理を集英社、ローカライズプロデュースなどをAKATSUKIが担当。ドラマ「三国志 Three Kingdoms」をプロデュースした趙文竹が代表を務める霍爾果斯厚海文化傳媒が制作した。

日本語対応版や日本での配信については決定次第アナウンスされる。

※ハオ富申のハオは赤におおざとが正式表記。
※霍爾果斯厚海文化傳媒の爾と傳は簡体字が正式表記。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ほったゆみ / 小畑健 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。