「ヒカルの碁」中国で実写ドラマ化、2019年夏に配信

501

ほったゆみが原作を担当した小畑健によるマンガ「ヒカルの碁」が中国で実写ドラマ化。2019年夏に中国の動画サイト愛奇芸(iQiyi)で配信されることが発表された。

ドラマ「ヒカルの碁」中国版イメージポスター

ドラマ「ヒカルの碁」中国版イメージポスター

大きなサイズで見る(全2件)

1999年から2003年まで週刊少年ジャンプで連載されていた「ヒカルの碁」では、蔵の中に眠る古い基盤を見つけた進藤ヒカルが、平安時代の棋聖・藤原佐為の亡霊と出会ったことからストーリーが展開していく。単行本の累計発行部数は2500万部を記録しており、第45回小学館漫画賞や第7回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した。

ドラマ版の監督を務めるのは映画「はたち」やドラマ「最高の私たち」を手がけた劉暢。ドラマ「三国志 Three Kingdoms」をプロデュースした趙文竹が代表を務める厚海文化が制作を担当する。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

関連商品

(配信元:AKATSUKI)