イタリア映画祭2020でガブリエレ・サルヴァトレス監督作など上映

21

「イタリア映画祭2020」が11月13日と14日に東京・イタリア文化会館アニェッリホールで、11月20日から12月20日までオンラインで開催されることがわかった。

「オール・マイ・クレイジー・ラブ」

「オール・マイ・クレイジー・ラブ」

大きなサイズで見る(全3件)

「幸運の女神」

「幸運の女神」[拡大]

「きっと大丈夫」

「きっと大丈夫」[拡大]

今年で20回目を迎える本映画祭。一時は完全中止も検討されたが、開催される運びとなった。アニェッリホールで上映されるのは3本。「あしたのパスタはアルデンテ」のフェルザン・オズペテクが監督を務め、ステファノ・アコルシエドアルド・レオジャスミン・トリンカが共演した「幸運の女神」、「エーゲ海の天使」のガブリエレ・サルヴァトレスが奔放な父と自閉症の息子の姿を描いた「オール・マイ・クレイジー・ラブ」、フランチェスコ・ブルーニが監督し、キム・ロッシ=スチュアートが主演を務めた「きっと大丈夫」がラインナップに並んだ。

トークイベントの開催も予定しており、チケットは無料。参加希望者は事前に応募する必要がある。応募方法は映画祭公式サイトで確認を。なおオンライン開催の詳細は追って発表される。

イタリア映画祭2020

2020年11月13日(金)、14日(土)東京都 イタリア文化会館アニェッリホール
<上映作品>
「幸運の女神」
「オール・マイ・クレイジー・ラブ」
「きっと大丈夫」

この記事の画像(全3件)

関連記事

フェルザン・オズペテクのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 フェルザン・オズペテク / ステファノ・アコルシ / エドアルド・レオ / ジャスミン・トリンカ / フランチェスコ・ブルーニ / キム・ロッシ=スチュアート / ガブリエレ・サルヴァトレス の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。