アニメ制作における“動きの基本概念”学べる「3DCGアニメーション入門」発売

60

荻野哲哉が著した書籍「3DCGアニメーション入門」が発売された。

「3DCGアニメーション入門」書影

「3DCGアニメーション入門」書影

大きなサイズで見る(全5件)

3DCGアニメーション入門

荻野哲哉「3DCGアニメーション入門」
Amazon.co.jp

「3DCGアニメーション入門」中面

「3DCGアニメーション入門」中面[拡大]

「3DCGアニメーション入門」中面

「3DCGアニメーション入門」中面[拡大]

アニメーション制作初心者や新人アニメーターが最初に押さえておきたい「動きの基本概念」を丁寧に解説した同書。振り子の運動、ボールのバウンド、物理法則という基礎知識のほか、アニメーションに欠かせない歩きや走り、そして応用となる跳び箱運動やピッチングなどの動きが紹介されている。本書は「動きの基本概念」に重点を置いているため、3DCGソフトの種類に関係なくキャラクターアニメーションを学ぶことが可能だ。映像制作用語や練習問題も掲載されている。

なお店頭ではすでに販売されている場所もあるが、Amazonでは明日10月13日に発売される。

この記事の画像(全5件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。