齋藤飛鳥が“最強の赤身肉”に笑顔、山下美月「飛鳥さんのこんなテンション久々」

239

映像研には手を出すな!」の大ヒット御礼舞台挨拶が本日10月10日に東京・TOHOシネマズ 池袋で開催され、乃木坂46齋藤飛鳥山下美月梅澤美波が登壇した。

左から梅澤美波、齋藤飛鳥、山下美月。

左から梅澤美波、齋藤飛鳥、山下美月。

大きなサイズで見る(全11件)

齋藤飛鳥

齋藤飛鳥[拡大]

山下美月

山下美月[拡大]

梅澤美波

梅澤美波[拡大]

本作は、アニメーション制作に情熱を傾ける女子高生3人組の青春を描く物語。映画にちなんで「最強だと思ったことは?」との質問に、齋藤は「最強の人たちが集まっていまして……」とグループのマネージャーを紹介する。“3人の絆”を回答に選んだ山下は「『映像研』がなかったらこの3人が集まることはなかなかなかったでしょうし、この期間を通してお互いのことを知れて、素晴らしい3人組になれたんじゃないかなと思っています!」とにこやかに話し、梅澤は「浅草みどりが最強だと思います! 彼女がいたから、水崎と金森が集まったわけだし、飛鳥さんのいろんな面を引き出してくれたじゃないですか、乃木坂の歴史に残る貴重な映像だと思います!」とコメント。梅澤の言葉に齋藤は「浅草をやったからこそ破れた殻がたくさんあったので、ありがたいです」と続けて大きな拍手を浴びていた。

梅澤美波(左奥)と山下美月(左手前)に感謝状を贈る齋藤飛鳥(右)。

梅澤美波(左奥)と山下美月(左手前)に感謝状を贈る齋藤飛鳥(右)。[拡大]

山下美月(右)から“最強の赤身肉”を贈られる齋藤飛鳥(左)。

山下美月(右)から“最強の赤身肉”を贈られる齋藤飛鳥(左)。[拡大]

この舞台挨拶では、齋藤から山下と梅澤へ感謝状が贈呈された。山下へは「山の面白いところをたくさん発見できたのが映像研の大きな収穫でした。体もたくさん張りましたね。台本もボロボロでしたね。よくがんばりました。後輩で歳下なのに一所懸命付いてきてくれて、ありがとう」と、梅澤には「いつも母親のような包容力とその大きな体で、包んでくれてありがとう。真面目な人だと思っていたけど、それだけじゃないんだと気付きました。梅を見ていて学ぶことはたくさんあります。これからも私においしいものをたくさん食べさせてください」と思いを込めたメッセージが贈られ、2人は「家宝にします!」「どうしましょう、こんなものもらってしまってー!」と大喜び。さらに“逆サプライズ”として“最強の赤身肉”とフライパンのプレゼントを受け取った齋藤が「わーうれしい! やったあ!」と満面の笑みを浮かべると、山下は「飛鳥さんのこんなテンション久々に見ました(笑)」とうれしそうに口にした。

大童澄瞳の同名マンガを英勉が実写化した「映像研には手を出すな!」は全国で上映中。

「映像研には手を出すな!」オリジナルグッズ"
※ご購入はこちらから!
「映像研には手を出すな!」オリジナルグッズ

この記事の画像・動画(全11件)

関連記事

齋藤飛鳥のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「映像研」実写映画化作戦会議 (c)2016 大童澄瞳/小学館

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 映像研には手を出すな! / 齋藤飛鳥 / 山下美月 / 梅澤美波 / 乃木坂46 / 英勉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。