純烈の初主演ドラマ「純烈ものがたり」配信、酒井一圭が「照れ臭かったです」と吐露

87

純烈のメンバー4人を主人公にしたドラマ「純烈ものがたり」が、10月10日にFODで配信スタート。製作発表会見が東京・大江戸温泉物語で行われ、メンバーの酒井一圭白川裕二郎、後上翔太、小田井涼平が登壇した。

「純烈ものがたり」製作発表会見の様子。

「純烈ものがたり」製作発表会見の様子。

大きなサイズで見る(全2件)

メジャーデビューから今年で10年を迎える純烈。本作ではメンバーが本人役で出演し、1通の手紙にまつわる心温まる物語が展開される。脚本を「連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件」の武井彩、演出を小林和紘と本間利幸が担当。純烈メンバーのほか、マネージャー役で松下由樹が出演した。

「純烈ものがたり」製作発表会見の様子。

「純烈ものがたり」製作発表会見の様子。[拡大]

リーダーの酒井は「普段は言わないことも台本の通りセリフで言うというチャレンジだったので、僕は最初照れ臭かったです」と正直な気持ちを吐露。白川は「お芝居をやらせていただくということはほとんどなかったことなので、最初はすごく緊張した」と回想し、小田井は普段一緒にいるメンバーとの共演について「『めちゃくちゃ芝居してるなこいつ』って、人のことを見てしまうんですよね。だから自分もきっと周りからめちゃくちゃ芝居してるって見えてると思うのですが、なんとなくその辺が面白いところでもあり難しかった」と語る。唯一の演技未経験者だったという後上は「僕1人焦って、どうしようと、途方に暮れてました。初体験の連続でした」と明かした。

「セリフを覚えるのがすごく大変だった」と振り返った酒井は、考えすぎて眠れなかったことを告白。白川も「『仲間は大切で1人じゃできないことも乗り越えられたり助けられたりするんだよ』といういいセリフだったんですけど、リーダーと一緒にノートに書いて覚えました」と同意する。見どころを問われると、酒井は「後上さんのクソ芝居ですね(笑)。もうびっくりするぐらいの初々しさなんですよ」と笑い、それに対して後上は「全編通して『はじめてのおつかい』を見るような気持ちで観ていただければと思います」とアピールした。

純烈ものがたり

FOD 2020年10月10日(土)0:00~スタート
※隔週土曜日の0時に最新話配信

この記事の画像(全2件)

関連記事

純烈のほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 純烈 / 酒井一圭 / 白川裕二郎 / 小田井涼平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。