長編アニメ「新しい街」初日決定、世界の独立系アニメーション集めた前夜祭企画も実施

229

長編アニメーション「新しい街 ヴィル・ヌーヴ」の公開日が9月12日に決定。また、世界の独立系アニメーション作品を特集する前夜祭企画が9月5日から11日にかけて東京のシアター・イメージフォーラムで開催される。

「新しい街 ヴィル・ヌーヴ」メインビジュアル

「新しい街 ヴィル・ヌーヴ」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全15件)

レイモンド・カーヴァーの短編小説「シェフの家」にインスパイアされ作られた「新しい街 ヴィル・ヌーヴ」。1995年のカナダ・ケベック州独立運動を背景に、思い出の地ヴィル・ヌーヴ(新しい街)で再会したアルコール依存症の詩人ジョゼフと元妻エマの関係を描く。監督を務めたのは、本作で初めて長編アニメを手がけた新鋭フェリックス・デュフール=ラペリエール。キャストにはロベール・ラロンド、ジョアンヌ=マリー・トランブレーテオドール・ペルランが名を連ねた。

「父を探して」

「父を探して」[拡大]

「明日の世界 ドン・ハーツフェルト作品集」

「明日の世界 ドン・ハーツフェルト作品集」[拡大]

「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」

「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」[拡大]

「コンシューミング・スピリッツ」

「コンシューミング・スピリッツ」[拡大]

前夜祭企画では、「新しい街 ヴィル・ヌーヴ」と同じくインディペンデントで製作されつつも、世界的に高い評価を受ける4作品を上映。アレ・アブレウの「父を探して」、ドン・ハーツフェルトの「明日の世界 ドン・ハーツフェルト作品集」、セバスチャン・ローデンバックの「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」、クリス・サリヴァンの「コンシューミング・スピリッツ」がスクリーンにかけられる。

「新しい街 ヴィル・ヌーヴ」は、シアター・イメージフォーラムほか全国で順次ロードショー。

前夜祭企画「世界の名作“独立”系アニメーション特集」

2020年9月5日(土)~11日(金)東京都 シアター・イメージフォーラム
料金: 一般 1300円 / 学生、シニア、会員、サービスデー 1200円
※「新しい街 ヴィル・ヌーヴ」前売り券を持っている場合、1000円で鑑賞可能
<上映スケジュール>
「父を探して」9月5日(土)、9日(水)
「明日の世界 ドン・ハーツフェルト作品集」9月6日(日)、10日(木)
「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」9月7日(月)、11日(金)
「コンシューミング・スピリッツ」9月8日(火)
※各日21:00より上映

この記事の画像・動画(全15件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)L'unite centrale