ドラマ「竜の道」で双子演じた玉木宏と高橋一生、印象に残ったのは肩もみシーン

508

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」の取材会が本日7月25日に行われ、キャストの玉木宏高橋一生が出席した。

「竜の道 二つの顔の復讐者」取材会の様子。左から玉木宏、高橋一生。

「竜の道 二つの顔の復讐者」取材会の様子。左から玉木宏、高橋一生。

大きなサイズで見る(全8件)

白川道の未完小説「竜の道」をもとにする本作は、養父母を自殺に追いやった運送会社社長への復讐を誓う双子の兄弟の姿を描くサスペンス。名前と顔を変えて裏社会に身を投じる兄・竜一を玉木、国土交通省に入りエリート官僚として権力を握っていく弟・竜二を高橋が演じる。

玉木宏

玉木宏[拡大]

新型コロナウイルス感染拡大の影響により撮影延期となりながらも、予定していたストーリーを短くすることなく昨日7月24日にクランクアップを迎えた玉木と高橋。玉木は「今までは『始まれば当然撮影は終わる』ということが普通だと思っていたのですが、まさかこういうことになるとは思っていませんでした。無事に撮影を終えることができて、ひと安心しています」と心境を語った。

高橋一生

高橋一生[拡大]

一方高橋は「刻一刻といろんなことが変わっていく中で、目まぐるしく対応に追われながら皆さん作品を作られていたと思います」と話し、「感染者が出てしまったら作品自体ダメになってしまう可能性もはらむ中でここまでできたのは、このチームの士気が高かったからだと思います」と回想。「ある意味、奇跡的にこのドラマを撮り終えることができて、皆さんに届ける素材がそろったというだけでも喜ばしいことだと今は思っています」と述べた。

印象に残った場面について質問が飛ぶと、玉木は“触れるシーン”を大事にしていたと前置きし「1つ挙げるとすれば、(竜一と竜二の)肩もみのシーン。そこはちょっと安堵できるような空気になっていると思います」と回答。すると高橋もすかさず「肩もみのシーンです! そこに尽きるんじゃないかなと」と反応して笑いを誘う。続けて「基本、照明などもハードボイルドなんですね。ピンク色の照明、青い照明が窓から差し込んでいるような中で肩もみをするという……ちょっとかわいい2人なんですよね」とシーンを振り返った。

「竜の道 二つの顔の復讐者」取材会の様子。左から玉木宏、高橋一生。

「竜の道 二つの顔の復讐者」取材会の様子。左から玉木宏、高橋一生。[拡大]

今作で初共演を果たした2人が互いの印象を語る場面も。玉木は「セリフのトーンであったり、言葉の攻め方とか受け方とか、間近でやらせていただいて勉強になりました。今のタイミングでご一緒できてよかったなと思います」、高橋は「僕もご一緒できてよかったということに尽きます。1話のピークのシーンで、玉木さんと初めてお芝居を交わしたんですが、感動しましたね」とそれぞれ述懐した。また現場でのエピソードとして高橋は、大きな口を開けて眠っているところを玉木に見られてしまったと明かす。そして初回放送に向けて高橋は「冒頭で皆さん驚くと思います。新番組で何が起きてるんだと衝撃を受けると思う」と期待をあおった。

「竜の道 二つの顔の復讐者」はカンテレ・フジテレビ系全国ネットで、7月28日以降毎週火曜21時より放送。初回は2時間スペシャルとなる。松本穂香、細田善彦、奈緒、今野浩喜、渡辺邦斗、西郷輝彦、松本まりか、斉藤由貴、遠藤憲一も出演している。

竜の道 二つの顔の復讐者

カンテレ・フジテレビ系 2020年7月28日(火)スタート 毎週火曜 21:00~
※初回は2時間スペシャル

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

玉木宏のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 玉木宏 / 高橋一生 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。