CGアニメ「小さなバイキング ビッケ」が10月公開、伊藤沙莉がビッケに声当てる

1107

スウェーデンの作家ルーネル・ヨンソンによる児童文学を原作としたCGアニメーション「小さなバイキング ビッケ」。本作の日本公開が決定し、主人公ビッケの日本語吹替を伊藤沙莉が務めることがわかった。

左から伊藤沙莉、ビッケ。

左から伊藤沙莉、ビッケ。

大きなサイズで見る(全5件)

「小さなバイキング ビッケ」ビジュアル

「小さなバイキング ビッケ」ビジュアル

原作の「小さなバイキング」シリーズは世界70以上の国や地域で半世紀にわたり愛され続けてきた。日本では、ドイツと共同製作のテレビアニメが1972年から1974年にかけて放送され、最高視聴率20.5%を記録。マンガ「ONE PIECE」作者の尾田栄一郎も子供時代に影響を受けたという。

フラーケ族の仲間たち。

フラーケ族の仲間たち。

本作では、原作にはない新たなオリジナルストーリーが展開。なんでも黄金に変えてしまう魔法の剣の秘密を解き明かす物語で、ビッケが愛する母イルバを救うために、海賊の父ハルバルや仲間とともに大冒険を繰り広げる。伊藤が声を当てる勇敢な海賊の息子ビッケは、小さくて力もないが、知恵を使って危機を乗り越えるキャラクター。伊藤は「世代の方々に、もう一度あの頃のワクワクを感じて頂けるように! そして、今のお子様たちや私と同世代の方など幅広く楽しんでもらえるよう、精一杯頑張ります!」と意気込んだ。

監督および脚本は、2013年にヨーロッパでリメイクされたテレビシリーズ「Vic The Viking(原題)」に参加したエリック・カズが担当。作画監督には「SING/シング」「ペット」「怪盗グルーのミニオン大脱走」のティモ・ベルクが名を連ねた。

「小さなバイキング ビッケ」は10月2日にイオンシネマほか全国で公開。

伊藤沙莉 コメント

今回ビッケ役を演じさせていただくことが決まり、緊張と興奮のハーフ&ハーフと言った気持ちでいっぱいです。世代的に私の母など、身近な人たちが幼い頃に触れた思い出の作品ということもあり、その世代の方々に、もう一度あの頃のワクワクを感じて頂けるように! そして、今のお子様たちや私と同世代の方など幅広く楽しんでもらえるよう、精一杯頑張ります! 知恵と勇気あるビッケが、色々な危機を乗り越えて、どんな冒険を繰り広げるのか、ご期待ください!

この記事の画像(全5件)

関連記事

伊藤沙莉のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 Studio 100 Animation – Studio 100 Media GmbH – Belvision