“血の掟”を破った男の美学と矜持、マルコ・ベロッキオ新作「シチリアーノ」予告公開

106

マルコ・ベロッキオ監督作「シチリアーノ 裏切りの美学」の予告編がYouTubeで公開された。

「シチリアーノ 裏切りの美学」ポスタービジュアル

「シチリアーノ 裏切りの美学」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全18件)

「シチリアーノ 裏切りの美学」 (c)Fabio Lovino

「シチリアーノ 裏切りの美学」 (c)Fabio Lovino

2020年のダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞や監督賞を含む最多6部門に輝いた本作。イタリアマフィアの内部抗争が激化した1980年代初頭、犯罪組織コーザ・ノストラに忠誠を誓ったにもかかわらず“血の掟”を破り、政府に寝返った男ブシェッタの姿が実話をもとに描かれる。

「シチリアーノ 裏切りの美学」 (c)LiaPasqualino

「シチリアーノ 裏切りの美学」 (c)LiaPasqualino

予告編の冒頭には、判事から「マフィアに入ったのは?」と聞かれ、ブシェッタが「マフィアは存在しない。名誉ある男たちは“コーザ・ノストラ”と呼ぶ」と答えるシーンが収められた。そして彼の告白により457人が起訴され、360人が有罪となった歴史的な裁判シーンへ。かつての仲間たちに「裏切り者」とののしられながらも罪を告白したブシェッタの“美学”、そして“コーザ・ノストラとしての矜持”が見えてくる。

「シチリアーノ 裏切りの美学」 (c)LiaPasqualino

「シチリアーノ 裏切りの美学」 (c)LiaPasqualino

ブシェッタを演じたのは「ラッシュ/プライドと友情」「修道士は沈黙する」のピエルフランチェスコ・ファヴィーノ。「いつだってやめられる」シリーズのルイジ・ロ・カーショ、「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」のファウスト・ルッソ・アレジも出演している。

「シチリアーノ 裏切りの美学」は8月28日に東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、Bunkamura ル・シネマほか全国で公開。

※「シチリアーノ 裏切りの美学」はR15+指定作品

この記事の画像・動画(全18件)

関連記事

マルコ・ベロッキオのほかの記事

リンク

関連商品

(c)IBC MOVIE/KAVAC FILM/GULLANE ENTRETENIMIENTO/MATCH FACTORY PRODUCTIONS/ADVITAM