anan表紙に草薙素子、「攻殻機動隊」特集で作品ファン・西川貴教インタビューも

4347

Netflixオリジナルアニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」の主人公・草薙素子が7月8日発売のananで表紙を飾る。同作のキャラクターデザイナー、イリヤ・クブシノブが描き下ろした。

anan2208号の表紙。(c)マガジンハウス (c)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

anan2208号の表紙。(c)マガジンハウス (c)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

大きなサイズで見る(全2件)

anan 2208号

「anan 2208号」
Amazon.co.jp

「攻殻機動隊 SAC_2045」はシリーズ初のモーションキャプチャー技術を取り入れた3DCG作品。同作を徹底特集した今号のananでは、神山健治荒牧伸志の両監督が制作の裏側と作品に込めたメッセージを語る。またシリーズすべての作品で素子に声を当てた田中敦子、作品の大ファンである西川貴教のインタビューも掲載。

さらに「体感せよ! エンタメの最新系」と銘打たれた特集も。Netflixで配信中の韓国ドラマ「椿の花咲く頃」に出演したカン・ハヌルのグラビア&インタビューや、今田耕司仲里依紗かまいたち江頭2:50が語る動画配信の面白さ、斎藤工湯浅政明、宇川直宏が考察する映像エンタメの未来、世界EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)と秋元才加によるDisney+体験などが取り上げられる。

この記事の画像(全2件)

関連記事

神山健治のほかの記事

リンク

関連商品