主人公はホームズの妹、ミリー・ボビー・ブラウン主演映画がNetflixで9月配信

241

ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で知られるミリー・ボビー・ブラウン主演のNetflix映画「エノーラ・ホームズの事件簿」が9月より配信。このたび場面写真が解禁された。

「エノーラ・ホームズの事件簿」

「エノーラ・ホームズの事件簿」

大きなサイズで見る(全3件)

「エノーラ・ホームズの事件簿」

「エノーラ・ホームズの事件簿」[拡大]

本作はナンシー・スプリンガーによる同名小説を原作に、シャーロック・ホームズの妹エノーラを主人公に据えたミステリー。舞台は1884年、ヴィクトリア朝時代のイギリスだ。突如行方不明になった母親を探すため、1人でロンドンを訪れるエノーラ。旅の途中、思いがけず若い貴族の失踪事件に関わったことをきっかけに、世界の歴史を覆しかねないほどの恐ろしい陰謀と巨大な謎へと巻き込まれていく。

「エノーラ・ホームズの事件簿」

「エノーラ・ホームズの事件簿」[拡大]

母親が消えたことでエノーラを花嫁学校に入れようとする2人の兄シャーロックとマイクロフトに、ヘンリー・カビルサム・クラフリンが扮した。またヘレナ・ボナム=カーターが母親、ルイス・パートリッジがエノーラの出会う若い貴族を演じている。

映画への出演は「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」に続いて2回目となるブラウン。現在16歳にして、本作では「名探偵ピカチュウ」のメアリー・ペアレント、実姉のペイジ・ブラウンらとともにプロデューサーも務めている。ドラマ「Fleabag フリーバッグ」「キリング・イヴ/Killing Eve」のハリー・ブラッドビアが監督、「ワンダー 君は太陽」のジャック・ソーンが脚本を担当した。

この記事の画像(全3件)

関連記事

ミリー・ボビー・ブラウンのほかの記事

リンク