松雪泰子と芦田愛菜の出演ドラマ「Mother」トルコ版リメイク、CS放送で日本初OA

93

松雪泰子と芦田愛菜の出演ドラマをリメイクしたトルコ版「Mother」が、7月20日よりCS放送・女性チャンネル♪LaLa TVで日本初放送される。

「Mother」ビジュアル

「Mother」ビジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

「Mother」

「Mother」[拡大]

「Mother」

「Mother」[拡大]

オリジナル版がオンエアされたのは2010年。このたびのトルコ版では、虐待を受けている子供・メレクを誘拐し、母親になる決意をした写真家ゼイネプの逃避行が描かれる。パートタイムで勤めることになった小学校でメレクに出会い、心を通わせていくゼイネプ。彼女はある日、家の前のゴミ置き場にゴミ袋に入れられたメレクが捨てられているのを発見する。

「Mother」

「Mother」[拡大]

ジャンス・デレがゼイネプ、ベラン・ギョキルデがメレクを演じた。そのほかヴァーヒデ・ペルチン、ゴンジャ・ヴスラテリ、ベルカイ・アテシュ、ギュレンアイ・カルカンが出演。演出はファルク・バイハンとファティフ・アクソイ、脚本はベルフエレゲノコン・メルヴェギュルが担当した。

なお明日7月5日15時より第1話と2話が先行放送される。YouTubeでは予告編が公開中だ。

Mother

2020年7月20日(月)スタート 毎週月~金曜 24:00~25:00
※第1話、2話のみ24:15~25:15
※第1話、2話は2020年7月5日(日)15:00~先行放送
※ノーカット字幕版、全85話

この記事の画像・動画(全5件)

H. ムラット メルジャン(駐日トルコ共和国特命全権大使)コメント

「Mother」のトルコ版が7月から放送されるとのこと、とても嬉しく思います。
2010年に日本で大ヒットした本ドラマは、トルコ版となって35か国以上に輸出され、各国の視聴者の方にお楽しみいただきました。
日本の皆様にも、ぜひご注目いただきたい作品です。

吉田恒雄(児童虐待防止全国ネットワーク 理事長)コメント

子ども虐待の背景には、DVや親の孤立、貧困などさまざまな問題があります。
被害を受けた子どもには体のキズだけでなく、深い心のキズも長く残ります。これらは国を超え、時代を超えて共通する問題です。
この作品を通じて、子ども虐待の理解がさらに深まり、子どもの笑顔にあふれる社会が一日も早く実現することを願っています。

次屋尚(日本テレビ 情報・制作局 日本テレビ「Mother」プロデューサー)コメント

日本テレビのオリジナルドラマ「Mother」は、既にトルコ・韓国・ウクライナ・タイでリメイクされており、
これから更に他の複数国でもリメイクされる予定です。また今回放送されるトルコ版は世界約40か国で放送・配信されています。
日本のテレビドラマがここまで世界進出するのは初めてのことです。
現代社会が抱える問題や家族というものの価値観が世界共通、普遍的なテーマであることを実感します。
トルコ版の後半は更にオリジナルのストーリー展開を加え世界観を拡げています。
異国で描かれた日本の「Mother」、是非お楽しみください。

映画評論・情報サイト「BANGER!!!」編集長 コメント

いつから人は、憎み、諦め、自分に言い訳をするようになるのだろう。
心の叫びに実直に、迷いながらも必死に一歩を踏み出すこの物語は、今こそ胸に刺さる。

リンク

関連商品

MF YAPIM(c)all rights reserved