板垣李光人、“美しすぎる少年”の呼び名に恐縮「ハードルが高くなりすぎて」

67

板垣李光人のファースト写真集「Rihito 18」発売を記念したリモート取材会が、本日6月16日に行われた。

板垣李光人ファースト写真集「Rihito 18」のリモート取材会の様子。

板垣李光人ファースト写真集「Rihito 18」のリモート取材会の様子。

大きなサイズで見る(全11件)

板垣李光人ファースト写真集「Rihito 18」のリモート取材会の様子。

板垣李光人ファースト写真集「Rihito 18」のリモート取材会の様子。[拡大]

明日6月17日に発売を控える「Rihito 18」。板垣は「喜びもあるんですけど、正直まだ実感がありません。何十ページも自分の顔ばかりの本が世に出るなんて」と心境を吐露する。自ら名付けたタイトルについて「ちょうど18歳になる(年に発売される)のと、はだけたショットもあるので、意味を掛け合わせて『R18』にしようとしていたんです。でも、いろいろ問題があって……(笑)。今のタイトルになりました」と明かし、“美しすぎる少年”と称されることに関して「ありがたいですが、ハードルが高くなりすぎるのも怖いですね」と率直に語った。

市原隼人が撮影した「板垣李光人1st写真集『Rihito 18』」収録カット。

市原隼人が撮影した「板垣李光人1st写真集『Rihito 18』」収録カット。[拡大]

写真集では俳優の安藤政信市原隼人三浦貴大が、それぞれカメラマンとして板垣を撮り下ろしている。板垣は「安藤さんとの撮影は1本の物語のようで、演じるような気持ちで撮っていただきました。市原さんは日常の姿を、三浦さんは僕の無意識の部分を切り取ってくださいました」と撮影を述懐。また「安藤さんは少年のような心もあって、大先輩だけど近くにいるような存在。市原さんは写真にも真摯に向き合う方で、先輩として目指すべきところ。三浦さんは(共演ドラマの)現場でも全体をよく見られていて勉強になりました」と尊敬の思いを口にする。

安藤政信が撮影した「板垣李光人1st写真集『Rihito 18』」収録カット。

安藤政信が撮影した「板垣李光人1st写真集『Rihito 18』」収録カット。[拡大]

本日はカメラマンの3人からサプライズコメントが到着。安藤は、岩場で波にのまれる板垣のカットをお気に入りに挙げて「写真集の最後を飾るのにふさわしい」と述べ、「李光人の人間(性)・役者(性)に惹かれた。彼の美しさを美しく、時の儚さを残しておきたかった」と撮影オファーを受けた理由を明かす。

三浦貴大が撮影した「板垣李光人1st写真集『Rihito 18』」収録カット。

三浦貴大が撮影した「板垣李光人1st写真集『Rihito 18』」収録カット。[拡大]

また市原は「飾らない素顔の李光人に魅せられます。二度と戻らない17歳の自然体の姿を切り取った写真は生涯の財産になると思います」、三浦は「僕が今まで出会ったことない感性を持ってると感じ、それを写真で表現したいと思っていたので(撮影できて)うれしかった」と今回参加した感想をそれぞれ伝えた。

板垣李光人ファースト写真集「Rihito 18」のリモート取材会の様子。

板垣李光人ファースト写真集「Rihito 18」のリモート取材会の様子。[拡大]

板垣は3人のコメントに感激し、「家族アルバムでもお母さんとお父さんに撮ってもらうのではそれぞれ違うように、3人の写真家に撮っていただいた写真は表情がちょっとずつ違っています。楽しんでいただけたら」と期待を込める。そして「ファンの皆さんにお会いできる機会が作れればと思っていたんですけど、今は我慢のとき。いずれお会いしたいです」と呼びかけた。

なお板垣は12月18日に公開される「約束のネバーランド」に出演している。

この記事の画像(全11件)

関連記事

板垣李光人のほかの記事

リンク

関連商品

(c)SDP