元暗殺者の売れないマンガ家が国家機密をネタに!クォン・サンウ主演作が9月公開

141

クォン・サンウが主演を務めた「ヒットマン エージェント:ジュン」が、9月25日より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほか全国で順次公開される。

「ヒットマン エージェント:ジュン」

「ヒットマン エージェント:ジュン」

大きなサイズで見る(全9件)

「ヒットマン エージェント:ジュン」

「ヒットマン エージェント:ジュン」[拡大]

本作は最強の暗殺者として育てられながら、現在は売れないマンガ家として働く男ジュンを主人公にしたアクションコメディ。対テロ保安局“猛攻隊”のエースに育ったジュンだったが、幼い頃からのマンガ家という夢を捨てきれず、任務中に死を偽装して行方をくらませる。15年後、まったく売れないマンガ家になっていたジュンは、酔った勢いで暗殺要員時代に知った国家機密をネタに作品を配信。マンガはまたたく間に人気となり、彼は国家情報院とテロリストから命を狙われる羽目になる。

「ヒットマン エージェント:ジュン」

「ヒットマン エージェント:ジュン」[拡大]

韓国では動員240万人のヒットを記録。実写のアクションシーンはもちろん、登場人物がアニメーションや韓国発のウェブトゥーン(デジタルコミック)で描かれる演出も話題に。クォン・サンウがジュンを演じたほか、ドラマ「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」のチョン・ジュノ、「レッスル!」のファンウ・スルヘ、「殺されたミンジュ」のイ・イギョン、「黄泉がえる復讐」のイ・ジウォン、「犯罪都市」のホ・ソンテがキャストに名を連ねた。チェ・ウォンソプが監督と脚本を担当している。

「ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ」が6月19日、「鬼手」が8月7日と主演作が立て続けに日本公開されるクォン・サンウ。3作すべて鑑賞すると韓国版のオリジナルチラシセットがもらえるキャンペーンも実施される。詳細は劇場の公式サイトで確認を。

この記事の画像(全9件)

関連記事

クォン・サンウのほかの記事

リンク

(c)2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.