「ドロステのはてで僕ら」6月5日に試運転上映スタート、オンライン舞台挨拶も決定

103

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け公開延期となっていた「ドロステのはてで僕ら」が、6月5日より京都・京都シネマで“試運転”上映される。

「ドロステのはてで僕ら」メインビジュアル

「ドロステのはてで僕ら」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

劇団・ヨーロッパ企画が製作した本作は、雑居ビルのカフェを舞台に、2分先の未来が見える“タイムテレビ”を巡る騒動を描くコメディ。原案と脚本をヨーロッパ企画主宰の上田誠が担当し、監督を劇団の映像ディレクター・山口淳太が務めた。土佐和成が主人公カトウ、朝倉あきがヒロインのメグミを演じている。

「ドロステのはてで僕ら」

「ドロステのはてで僕ら」

またこのたび、6月5日19時から「『ドロステのはてで僕ら』オンライン上映会 @PIA LIVE STREAM & uP!!!」の開催が決定。ライブ動画配信サービスPIA LIVE STREAMとエンタメサービス・uP!!!で配信されるこのイベントでは、本編上映前に上田、山口、キャスト全員によるオンライン舞台挨拶を楽しむことができる。さらに特典としてメイキング映像も用意された。

視聴チケットは1800円で、5月23日10時から6月3日23時59分までチケットぴあとuP!!!にて購入可能。uP!!!ではauスマートパスプレミアム会員に限り、1200円で視聴することができる。本イベントは本作を上映する全国15館を支援する仕組みになっており、支援したい映画館を選択することが可能だ。

じわじわ封切りキャンペーンのイラスト。

じわじわ封切りキャンペーンのイラスト。

なお、“じわじわ封切りキャンペーン”と銘打ち、今後は状況に応じて、劇場での舞台挨拶やトークイベントなどの実施も予定している。上田は「じわじわ封切るのも芳香が徐々に漏れて素敵なものです。そうしたって今回の映画は風味が逃げないと思うし、じわじわ封切って、すこしずつ長く楽しんでいただけるような上映をしていこう、と決めました」とコメントした。

「ドロステのはてで僕ら」は営業再開後に東京・下北沢トリウッドでも公開される。石田剛太諏訪雅酒井善史中川晴樹角田貴志永野宗典本多力らヨーロッパ企画メンバーと藤谷理子も出演した。

「ドロステのはてで僕ら」オンライン上映会 @PIA LIVE STREAM & uP!!!

2020年6月5日(金)19:00~
<舞台挨拶出演者>
上田誠 / 山口淳太 / キャスト全員
<配信先>
PIA LIVE STREAM、uP!!!
料金:1800円
※uP!!!ではauスマートパスプレミアム会員に限り1200円

上田誠 コメント

「じわじわ封切りキャンペーン」です。ポップコーンをたとえばパーンと勢いよく開けて中身が飛び散るぐらいの勢いも楽しいですけど、じわじわ封切るのも芳香が徐々に漏れて素敵なものです。そうしたって今回の映画は風味が逃げないと思うし、じわじわ封切って、すこしずつ長く楽しんでいただけるような上映をしていこう、と決めました。
下北沢トリウッドと京都シネマの2館で、まずは試運転上映。そして「PIA LIVE STREAM」と「uP!!!」でもオンライン上映会をやります。おうちで「ドロステ~」をご覧になれ、それは映画館を応援する仕組みにもなってます。
まずはこれでじわっ、ぐらいです。ここからまだまだ各地や色んな方法で、じわじわじわじわやっていきます。

山口淳太 コメント

リモート会議を重ね、「じわじわ封切りキャンペーン」をやることになりました。「ドロステのはてで僕ら」を、全国の皆さんに安心してご覧いただきたい。そのためには、できる限りゆーっくり長ーく上映するのが一番だと。そこで!この「じわじわ」です。
まずは、製作・配給である下北沢トリウッドと、ヨーロッパ企画と数々のイベントを行ってきた京都シネマの2館で、試運転上映を行います。5.1chの没入感にご期待ください。
そして新たな試み、「PIA LIVE STREAM」と「uP!!!」で一日限定のオンライン上映会を行います。お家で楽しんでいただくことができ、さらには映画館を応援できる仕組みとなっています。
まずはこのじわじわ封切りをお楽しみください。
そしてSNSなどで感想や思いを発信していただけると嬉しいです。ついに始まります!

この記事の画像(全9件)

リンク

関連記事

関連商品

(c)ヨーロッパ企画/トリウッド 2020