ドロステのはてで僕ら

ドロステのはてで僕ら

ドロステノハテデボクラ

2020年6月5日(金)公開 / 上映時間:70分 / 製作:2020年(日本) / 配給:トリウッド

(C)ヨーロッパ企画/トリウッド2020

解説 京都を拠点に活動する人気劇団、ヨーロッパ企画の代表の上田誠が発表した短編『ハウリング』をリブートして生まれた長編。上田が原案、脚本を手がけた物語は『曲がれ!スプーン』などに繋がるユニークなSF作で、少し先の未来が見える装置の存在をきっかけに起こる騒動を描く。監督はヨーロッパ企画の映像ディレクター、山口淳太が務めている。

ストーリー とある雑居ビルの2階で、テレビから何やら声を聞いたカトウ。彼が画面を見るとそこには自分の姿があり、“自分は2分後のお前だ”と言われる。状況をつかめないカトウだったが、次第に2階の一室と1階のカフェが2分の時差で繋がっていることに気づき……

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:山口淳太
音楽:滝本晃司

キャスト

カトウ:土佐和成
メグミ:朝倉あき
アヤ:藤谷理子
コミヤ:石田剛太
オザワ:酒井善史
タナベ:諏訪雅
フルヤ:角田貴志
ナリタ:中川晴樹
キンジョウ:永野宗典
イシヅカ:本多力

ドロステのはてで僕らの画像