各国で上映禁止…実在の殺人鬼を題材にした「アングスト/不安」7月公開

364

実在の殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を題材にしたスリラー「Angst」が、「アングスト/不安」の邦題で7月3日に公開される。

「アングスト/不安」チラシビジュアル

「アングスト/不安」チラシビジュアル

大きなサイズで見る

1983年にオーストリアで公開されるも、ショッキングな内容により1週間で上映打ち切りとなり、ヨーロッパ各国で上映禁止となった本作。日本でも劇場公開されず「鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜」というタイトルで1988年にレンタル用VHSが発売されたきりとなっていた。

劇中で殺人鬼K.に扮したのは、「U・ボート」「アンダーワールド」のアーウィン・レダー。本作が唯一の監督作品であるジェラルド・カーグルがメガホンを取った。音楽は元タンジェリン・ドリーム、アシュ・ラ・テンペルの作曲家クラウス・シュルツェが手がけ、撮影を「タンゴ」でアカデミー賞短編アニメーション部門を受賞したズビグニェフ・リプチンスキが担当した。

「アングスト/不安」は東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。

※「アングスト/不安」はR15+指定作品

関連記事

アーウィン・レダーのほかの記事

(c)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion