岡田准一が刀剣×歴史ムック「刀剣画報」に登場、「燃えよ剣」に込めた思い語る

536

燃えよ剣」で主演を務めた岡田准一V6)が、本日4月6日発売のムック「刀剣画報 天下五剣と日本の名刀」に登場している。

「刀剣画報 天下五剣と日本の名刀」表紙

「刀剣画報 天下五剣と日本の名刀」表紙

大きなサイズで見る(全6件)

「刀剣画報 天下五剣と日本の名刀」より。

「刀剣画報 天下五剣と日本の名刀」より。

刀剣画報 天下五剣と日本の名刀

「刀剣画報 天下五剣と日本の名刀」
Amazon.co.jp

2020年2月に誕生した「刀剣画報」は“刀剣×歴史ロマン”をテーマとした刀剣ビジュアル誌だ。本号には「燃えよ剣」にまつわる岡田のインタビューと撮り下ろしショットを掲載。「散り椿」など過去にも多くの作品で本格的な殺陣を披露し、歴史に詳しい一面も持つ岡田は、「燃えよ剣」で殺陣の指導にもあたった。そんな岡田が同作に込めた思いや、刀剣への思い入れを語っている。さらに同作で岡田が演じた土方歳三の愛刀・和泉守兼定に焦点を当てた小企画も展開された。

5月22日より全国公開される「燃えよ剣」は司馬遼太郎の同名歴史小説を原作とした時代劇。新選組副長の土方を主人公に、近藤勇、沖田総司ら志士たちの人生と激動の幕末が描かれる。「関ヶ原」の原田眞人が監督を務め、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介(Hey! Say! JUMP)らが共演した。

※「燃えよ剣」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください

※司馬遼太郎の遼は、二点しんにょうが正式表記

この記事の画像(全6件)

関連記事

リンク

関連商品