俳優の地元を舞台にしたオムニバス公開、監督は「つむぎのラジオ」の木場明義

116

オムニバス作品「地元ピース!幻想ドライビング」が、6月6日より東京・池袋シネマロサでレイトショー公開される。

「地元ピース!幻想ドライビング」チラシビジュアル(表面)

「地元ピース!幻想ドライビング」チラシビジュアル(表面)

大きなサイズで見る(全5件)

「地元ピース!幻想ドライビング」

「地元ピース!幻想ドライビング」

「さよならファンタジー」「つむぎのラジオ」で知られる木場明義が監督、脚本を担当する本作。クラウドファンディングによって栃木、宮城、岐阜出身の俳優の地元でそれぞれ3編が製作された。栃木・壬生町を舞台とする感情を抑えて生きてきた女の物語「ブースト」、宮城の仙台市、石巻市を舞台とする女装コンビのロードムービー「星屑ステージ」、岐阜市を舞台とする不思議な建物に迷い込むSFサスペンス「柳ヶ瀬ダンジョン」から構成されている。

「地元ピース!幻想ドライビング」

「地元ピース!幻想ドライビング」

「ブースト」には「つむぎのラジオ」で主演した長谷川葉生、「星屑ステージ」には藤井太一小林大介、SHOCO、「柳ヶ瀬ダンジョン」にはもりとみ舞が出演。現在YouTubeでは予告編が公開中だ。

この記事の画像・動画(全5件)

関連記事

リンク