「ブエノスアイレス」が麻婆豆腐に?シネマライズのパンフで紹介された料理が書籍化

267

書籍「シネマ&フード 映画を食卓に連れて帰ろう」が明日3月26日に発売される。

「シネマ&フード 映画を食卓に連れて帰ろう」書影

「シネマ&フード 映画を食卓に連れて帰ろう」書影

大きなサイズで見る(全6件)

シネマ&フード 映画を食卓に連れて帰ろう

シネマ&フード 映画を食卓に連れて帰ろう
Amazon.co.jp

本書は、2016年に閉館した東京・渋谷の映画館シネマライズのパンフレットに連載されていた料理ページをもとにするもの。ケータリングユニット「CUEL」がシネマライズの上映作品をイメージして作った料理が、美しい写真やレシピとともに紹介されている。

「シネマ&フード 映画を食卓に連れて帰ろう」より。

「シネマ&フード 映画を食卓に連れて帰ろう」より。[拡大]

「シネマ&フード 映画を食卓に連れて帰ろう」より。

「シネマ&フード 映画を食卓に連れて帰ろう」より。[拡大]

トニー・レオンレスリー・チャンの共演作「ブエノスアイレス」に着想を得たトマト麻婆豆腐とチリビーンズ麻婆豆腐、レオス・カラックス監督作「ポンヌフの恋人」をモチーフに作られたパンの煮こみ、ジャン=ジャック・ベネックスの「ディーバ」をイメージした生玉ねぎのサラダとゼノワーズなどを収録。そのほか「アメリ」「トレインスポッティング」「ワンダフルライフ」をテーマにした料理も掲載された。

この記事の画像(全6件)

ジャン=ジャック・ベネックスのほかの記事

関連商品