ロン・ハワードがパヴァロッティの人生たどるドキュメンタリー公開、U2ボノも登場

65

ロン・ハワードが監督を務めたドキュメンタリー「Pavarotti」が、「パヴァロッティ 太陽のテノール」の邦題で6月5日に公開される。

「パヴァロッティ 太陽のテノール」ポスタービジュアル

「パヴァロッティ 太陽のテノール」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る

2007年に死去したテノール歌手、ルチアーノ・パヴァロッティの生涯をたどる本作。「ラ・ボエーム」「トスカ」などのパフォーマンスや、プラシド・ドミンゴホセ・カレーラスと共演したステージのほか、元英国皇太子妃ダイアナと交流する様子などが収録されている。

23人が登場するインタビュー映像では、U2ボノがパヴァロッティのアーティストとしての信念を証言。マネージャーやエージェントはショービジネスの裏側を明かす。前妻、最後の妻、3人の娘たち、愛人はパヴァロッティの魅力や素顔について語った。また映画ではプッチーニによる「トゥーランドット」、ドニゼッティによる「連隊の娘」、ヴェルディによる「リゴレット」などのオペラに登場する楽曲を聴くことができる。

アカデミー賞を3度獲得している録音技師クリストファー・ジェンキンズが参加した「パヴァロッティ 太陽のテノール」は、東京・TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国でロードショー。

※「パヴァロッティ 太陽のテノール」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

関連記事

ルチアーノ・パヴァロッティのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 Polygram Entertainment, LLC - All Rights Reserved.