映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

“アホな女子大生”演じた伊藤寧々への演出方法とは?近藤啓介がWeb番組に登場

76

左から近藤啓介、活弁シネマ倶楽部MCの折田侑駿。

左から近藤啓介、活弁シネマ倶楽部MCの折田侑駿。

ウーマンウーマンウーマン 完全版」の監督・近藤啓介がWeb番組「活弁シネマ倶楽部」に登場。その模様がYouTubeで公開されている。

ウーマンウーマンウーマン」は、第12回田辺・弁慶映画祭、第10回下北沢映画祭で観客賞を受賞した「ウーマンウーマン」に、“男の話”を追加して長編化したもの。冒険家の女と“かわいいしか知らないアホな女子大生”が正義をぶつけ合う第1部“女の話”と、夜勤明けで3日間徹夜状態の幹事とともに温泉旅行をする男たちの珍道中が描かれる第2部“男の話”から構成される。伊藤寧々や佐藤乃莉が第1部、長谷川ティティ、水石亜飛夢、山元駿、三河悠冴が第2部に出演。再編集が加えられた完全版には、未公開シーンなどが収録されている。

近藤は番組内で、“アホな女子大生”を演じた伊藤へ「アホな女は相手の目をめっちゃ見るから、相手の目をずっと見ながらしゃべってください」とアドバイスしたことや、第2部“男の話”が誕生した経緯について語っている。

「ウーマンウーマンウーマン 完全版」は明日2月22日から27日にかけて東京・テアトル新宿で上映される。

映画ナタリーをフォロー