映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

絵本「ずっとずっといっしょだよ」映画化!恐竜の声に三木眞一郎、石原夏織、悠木碧ら

78

宮西達也の絵本「ティラノサウルスシリーズ」が長編アニメ化。静野孔文が監督、手塚プロダクションがアニメーション制作を担い、「さよなら、ティラノ」のタイトルで2020年初夏に全国で公開される。

シリーズ累計200万部を超える「ティラノサウルスシリーズ」は、“地上最強の恐竜”ティラノサウルスに優しい気持ちが芽生えていくさまを描いた物語。2003年の第1弾「おまえうまそうだな」から始まり、現在、シリーズ計15作が刊行されている。過去にはテレビアニメや劇場アニメも制作された。

「さよなら、ティラノ」では、第13弾「ずっとずっといっしょだよ」の物語を中心に、“天国”を求めて旅に出る恐竜たちの姿が描かれる。三木眞一郎が暗闇を怖がるティラノサウルスのティラノ、石原夏織が飛べないけれど常に希望を抱いて生きるプテラノドンのプノン、悠木碧が親とはぐれてしまったトリケラトプスの子供・トプスにキャスティングされた。

3人のほか小西克幸井上喜久子森川智之檜山修之石塚運昇がキャストに名を連ねている。アニメーションディレクターは「銀河鉄道の夜」や「あらしのよるに」に参加した江口摩吏介。佐藤大、うえのきみこ、福島直浩が脚本を手がけ、坂本龍一が音楽を担当する。

(c)2018 “My TYRANO” Film Partners

映画ナタリーをフォロー