映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「嘘八百」中井貴一が山田裕貴のあだ名イジり「プリンスと呼ばれるようがんばる」

793

「嘘八百 京町ロワイヤル」完成披露試写会の様子。左から佐々木蔵之介、中井貴一、広末涼子。

「嘘八百 京町ロワイヤル」完成披露試写会の様子。左から佐々木蔵之介、中井貴一、広末涼子。

嘘八百 京町ロワイヤル」の完成披露試写会が本日1月20日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの中井貴一佐々木蔵之介広末涼子友近森川葵山田裕貴竜雷太加藤雅也が登壇した。

中井扮する空振りばかりの古物商・則夫と、佐々木演じる落ちぶれた陶芸家・佐輔が、一攫千金を狙うさまを描いた「嘘八百」。続編となる今作では、武将茶人“古田織部”の幻の茶器をきっかけに起こる大騒動の模様が活写される。

続編の可能性を考えていなかったという中井は「なにせ前作は16日間で撮影しましたし、日々苦しい思いしかしませんでしたから」と苦笑。「多くの皆様のおかげで2作目を作ることができましたが、(撮影前に)またつらい思いをするのかという気持ちがなかったといえば嘘になります。撮影ではやっぱり苦しい思いをしました」と語ると、佐々木も「まったく同じ気持ち」と同意する。佐々木は「『前作より豪華にしますよ!』と言われていたんですが、撮影日数が4日増えていました! この作品は喜劇なんですが、僕らはギリギリの緊張感の中で撮影しました」と裏側を明かした。

則夫と佐輔を翻弄する謎の京美人・志野役の広末は「まず見た目から入ろうと思って髪を伸ばしました。同時に、人生初めての茶道にチャレンジしたんですが、茶道をしている母に短期間でマスターするにはどうしたらいいか聞いたら『まず、その考えが間違っています』と言われました」と恥ずかしそうに笑った。“陶芸王子”として親しまれる若手陶芸家・牧野慶太を演じた山田は「どこまで王子になれるのか自分でも心配でした」と撮影当時の心境を語り、「でも高校時代のあだ名が“プリンス”だったんです。嘘じゃないです! 裏でプリンとか呼ばれてイジられてたんですよ」と述べ、観客を笑わせた。

「今年挑戦したいことは?」と問われたキャスト陣。友近は、竜の趣味がテニスであることを知り、「会社の仲間でテニス部を作ったので、試合したいですね。絶対に負ッケンロー」とダジャレを飛ばす。山田が「バンジージャンプ」、広末と森川が「陶芸」と答え、加藤が「哲学書を読みたい」とコメントしていく中、佐々木はオリンピックになぞらえて「国歌斉唱ですかね」と飄々と答える。中井は姿勢を正し「プリンスって呼ばれるようにがんばりたいです」と先ほどの発言を堂々とイジって、山田を苦笑させた。

最後に中井は「続編が作れるかどうかはすべてお客様にかかっています。実は僕がまだ作品を観ていないので、皆さんのほうが先に観ることになると思います。これがどういう責任を負うことになるかわかっていただけますよね? なるべくいいことを周りに伝えてほしいということなんです」と観客にプレッシャーをかける。さらに中井が「もし、いまいちだったなと思う方がいたら、観たことを忘れてください。映画がなかったことにしてくれればいいんです」と続けると、隣の佐々木が「『記憶にございません!』」と中井の主演作にかけた合いの手を入れ、会場を湧かせた。

前作に引き続き武正晴が監督を務めた「嘘八百 京町ロワイヤル」は、1月31日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

(c)2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会

映画ナタリーをフォロー