シャーリーズ・セロンが実在の売れっ子キャスターを再現、「スキャンダル」新写真解禁

58

スキャンダル」よりシャーリーズ・セロンを捉えた新たな場面写真3点が到着した。

「スキャンダル」新場面写真

「スキャンダル」新場面写真

大きなサイズで見る(全11件)

「スキャンダル」ポスタービジュアル

「スキャンダル」ポスタービジュアル[拡大]

セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーが共演した本作は、2016年に米テレビ局・FOXニュースで実際に起こったスキャンダルをもとにした物語。FOXニュースの元人気キャスターであるグレッチェン・カールソンが同社のCEOロジャー・エイルズを提訴し、局内が騒然となるさまが描かれる。スキャンダルに動揺する売れっ子キャスターのメーガン・ケリーをセロン、カールソンをキッドマン、野心を持つ若手キャスターのケイラ・ポスピシルをロビーが演じた。監督を務めたのは「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のジェイ・ローチ。「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のチャールズ・ランドルフが脚本を執筆した。

「スキャンダル」新場面写真

「スキャンダル」新場面写真[拡大]

「スキャンダル」新場面写真

「スキャンダル」新場面写真[拡大]

辻一弘の特殊メイクによりケリーに外見を近付け、彼女の話し方も再現したセロン。「役をつかむのには、とても時間が掛かりました。でもメーガンの本やインタビューを読んで、本当は複雑で傷付きやすい人だとわかり、少し彼女を近くに感じることができました」と述べる。また本作のプロデューサーも担当しているセロンは「今は多くの勇敢な女性たちが自らの経験を共有するようになりました。タイムズアップやMeTooなどのムーブメントのおかげで、セクハラにきちんと向き合う必要があるとみんなが悟っています。だからこそ、この映画を今作るのはとてもとても大事なことでした」と思いを語っている。

セロンについてランドルフは「プロデューサーとしても実質的にリーダーだし、実際に演技をするという意味でも、この作品のクリエイティブ面の原動力です」とコメント。さらに「彼女は出演のない日も現場に来て、モニターを見ながら我々に気になった点を伝えました。どんな偉大なクリエイティブディレクターよりも、積極的に作品作りに関わっています」と称賛した。

「スキャンダル」は2月21日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全11件)

関連記事

シャーリーズ・セロンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)Lions Gate Entertainment Inc.