映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

エモーショナル・ムーヴィ宣言、真魚八重子の批評集「血とエロスはいとこ同士」発売

115

映画評論家・真魚八重子の単著「血とエロスはいとこ同士 エモーショナル・ムーヴィ宣言」が、12月18日に発売される。

本書は「わけがわからないのに気になる映画」「厭な要素ばかりなのについつい見てしまう映画」など、つい惹き付けられてしまう映画の力を読み解く批評集。日活ロマンポルノで活躍した加藤彰、神代辰巳、菅野隆、曽根中生や、M・ナイト・シャマラン、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー、クロード・シャブロル、高橋伴明、西村潔といった映画監督の作品が取り上げられた。価格は税込2640円。

血とエロスはいとこ同士 エモーショナル・ムーヴィ宣言 目次

Pヴァイン 2019年12月18日(水)発売
価格:税込2640円
<目次>
第一章 不可解な映画に魔がひそむ
第二章 暴力・情念・死
第三章 日本モンド映画静謐 / 狂乱
第四章 日本モンド映画エロス+流血
第五章 ロマンポルノ二五選

映画ナタリーをフォロー