映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「his」宮沢氷魚に「熱い男」と評された藤原季節「会うたび好きになっちゃう」と告白

296

「his」トークイベント付き試写会の様子。左から藤原季節、宮沢氷魚。

「his」トークイベント付き試写会の様子。左から藤原季節、宮沢氷魚。

his」のトークイベント付き試写会が本日11月14日に東京・ブロードメディア試写室で開催され、キャストの宮沢氷魚藤原季節が登壇した。

今泉力哉がメガホンを取った本作は、宮沢扮する井川迅と藤原演じる日比野渚の恋模様を描くもの。ゲイであることを隠すため田舎で一人暮らしをしていた迅のもとへ、渚が娘の空を連れて8年ぶりに現れたことから物語が展開していく。

撮影にプレッシャーを感じていたという宮沢は、本作について「皆さんと同じ感覚で、一視聴者として観れた不思議な作品でした」とコメント。次に藤原が「正解がないことに悩まされて、自分たちはどこに向かって進んでいくんだろうと思わされました」と振り返り、「でもラストシーンを観て、何か正解を感じたというか」と感慨深げな表情を見せた。続けて「観終わったあとに握手したよね?」と聞くと、宮沢も「強烈でしたよね」とうなずく。

MCから互いの印象を尋ねられると、藤原は「僕はね、会うたび好きになっちゃう。氷魚くんの話は何時間でもできます」と笑顔で告白。宮沢はそんな藤原を「本当に熱い男なんですよ」と考察する。「今までに出会った役者さんの中でもでトップ3に入るくらい熱いですね。彼の台本はボロボロになるくらい読み込まれていて、メモもたくさん書いてあって……」と話し、「僕は台本カバーに入れて、折り目もなるべく付けたくないんです」と対照的なタイプであることを明かした。

宮沢が「タイプも趣味も生活リズムも違うけど、初めて会ったときからなんとも言えないような似た空気感がありました。会う前にどんな役者さんなんだろうと思って写真や動画を見て、大丈夫かなって思ったりもしたんですが(笑)、実際に会った瞬間に大丈夫だと」と初対面を思い起こす場面も。すると藤原は「僕も初めて握手した瞬間、大丈夫だって思いましたよ。あの瞬間は忘れられないですね。なんかすごい優しい! あったけえって!」と勢いよく言って会場を和ませた。

ロケ地である岐阜県で共同生活を送っていた宮沢と藤原。その時期を振り返った宮沢が「昼すぎに撮影が終わった日に、近くに1軒しかないスーパーで具材を買ってキノコ鍋を作ったんですよ」と手料理エピソードを披露すると、藤原は「タケノコとかもめちゃくちゃ入ってて渋い!って思ったんですが、それが本当においしかったんです」とべた褒め。「季節くんの作った鍋もおいしくて」と宮沢に褒め返されると、「スーパーで売ってる野菜の量が多すぎて、全部入れたら大きな寸胴の鍋のふたも閉まらないくらいになってしまって」と笑う。続けて「並々と中身が入った鍋を持ってスタッフさんの部屋を回ったよね。今泉さんにも食べていただいて」と和気あいあいとした現場を思い出していた。

最後に作品の見どころを聞かれた藤原は、「僕が演じた渚は最低でクズって言われることも多いですし、すごくわかります。でも、それは彼自身が一番感じていたことでもあるんです。浮気とか悪事とか人を傷付けるような行動をなぜ彼が取ってしまったのかという、彼の内面の部分に注目していただければ、いろいろと紐解くことができるのではないでしょうか」と語る。「深いなあ」と感心しきりだった宮沢は、「迅と渚の愛の物語として観たと思うんですが、フォーカスするところを変えると新しいものが見えてくると思います。彼らと直接つながっている人間の物語も、つながっていない人間同士の物語も映されている作品なので」とコメントした。

アサダアツシが脚本を担当した「his」は2020年1月24日より、東京・新宿武蔵野館ほか全国でロードショー。

(c)2020 映画「his」製作委員会

映画ナタリーをフォロー