映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

神尾楓珠と池田エライザが絵心対決、ドラマ「左ききのエレン」制作発表会

554

「左ききのエレン」制作発表会の様子。

「左ききのエレン」制作発表会の様子。

ドラマ「左ききのエレン」の制作発表会が本日10月15日に東京・スペースFS汐留で行われ、キャストの神尾楓珠池田エライザ石崎ひゅーい中村ゆりか今泉佑唯吉村界人八木アリサ、監督の後藤庸介らが登壇した。

本作は広告代理店を舞台にしたクリエイター群像劇。“何者か”になることを夢見るデザイナー・朝倉光一と、圧倒的な才能に恵まれながら天才故の苦悩を抱える画家・山岸エレンの青春が描かれる。

本作で地上波ドラマ初主演を務める、光一役の神尾。プレッシャーがあったことを明かしつつ「“何者かになりたい”というのは誰もが持っている願望だと思います。もちろん自分も持っている願望なので、光一としてそういうものを表現できたらと演じました」と思いを口にする。「天才は計り知れないのでエレンを演じる自信はなかった」と述懐するのは池田。「でも人間らしさを感じる瞬間も増えて、演じてよかったなと思いました」と池田が笑顔で話すと「それが実写化のよさだよね! 生身で演じたからこそ見えるもの」と神尾も同意した。

本作でダブル主演を務める神尾と池田。互いの印象を尋ねられた神尾は「カメラが回ってないところでも常にエレンでいてくれたので、僕はすんなり普通の人間である光一を演じることができました」と池田を称賛する。一方の池田は「光一がいろんな場面で成長を見せてくれるので、エレンを演じていて楽しかったです」と神尾への信頼をのぞかせた。

エースクリエイター・神谷雄介を演じる石崎は「いやあ、自分と正反対の役でした!」とコメント。「『やってみろ』というかっこいいセリフがあるんですけど、どうしてもなまってしまって……」と、照れくさそうに明かす。神尾が「笑いが止まらなかったです! しかもひゅーいさん、成功したときに『決まった!』って顔するので、それにも笑っちゃって」と暴露すると、会場に爆笑が起こった。

光一の後輩コピーライター・三橋由利奈を演じる今泉は「新人なのに仕事ができるのは自分と真逆だなと思います」と話しつつ「明るい性格は自分と似ているなと思いました」とにっこり。クリエイターを憎む営業職・流川俊に扮した吉村は「台本を読んでいて、彼の気持ちがわからなかったんです。でも演じる中で好きになりました」と回想した。

米ニューヨークでの撮影が2日間しかなく苦労したと語るのは、光一の元恋人・加藤さゆり役を務めた中村。「英語でのセリフがプレッシャーでした。監督がイマイチだなって顔するので、うるさいなあと思って(笑)」とこぼすと、「そこディスる?」と笑う後藤。彼が「(中村は)しっかり者に見えますけど、結構天然さんなんですよ」と続けると、神尾も同意した様子で「『ネット回線、何使ってる?』とか突然聞いてくるんですよ」と裏話を披露した。自身が演じた岸あかりが原作の登場人物で一番共感できるキャラクターだったと話す八木は「皆さんに、岸あかりが届けられたらいいなと思います」と期待を口にする。

イベント中盤には、光一チーム、エレンチーム、ここで登壇した現役美大生チームで絵心対決を行うコーナーも。特別審査員として原作者のかっぴーが登場すると、会場は大きな拍手に包まれた。かっぴーから「横浜マリンタワーに、スプレーでライオンの絵を描く神谷」というお題が出され、3チームがリレー方式で絵を描いていく。結果的に利き手ではない手で描いていた美大生チームが敗れ、エレンチームが勝利。光一チームの絵を見ながら池田は「(その絵)情緒不安定じゃん」と苦笑していた。

最後に池田は「グラフィティアートのシーンで四十肩になりました(笑)。それぐらい集中したんです」と振り返り「私がかっぴーさんのマンガに出会ったのは10代の頃で、かっぴーさんのつづる言葉に救われてきました。ボーッと生きているのがもったいないなと思わせてくれるし、この作品をたくさんの方に観ていただきたいです」と呼びかける。神尾は「この作品は才能というものが1つのテーマです。でもそれだけではなく、もっと普遍的なことが描かれていると思います。観てくださった方が背中を押されるような、自分を見つめ直すきっかけになるような作品になればと思います」と熱く語り、イベントを締めくくった。

「左ききのエレン」は、MBSで10月20日、TBSで10月22日に放送開始。

※記事初出時、一部事実と異なる内容がありました。お詫びして訂正します。

ドラマイズム「左ききのエレン」

MBS 2019年10月20日(日)スタート 毎週日曜 24:50~ ※初回は25:15~
TBS 2019年10月22日(火・祝)スタート 毎週火曜 25:28~

(c)かっぴー・nifuni/集英社 (c)ドラマ「左ききのエレン」製作委員会・MBS

映画ナタリーをフォロー