映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

ケネス・ブラナーが再び名探偵ポアロに、「ナイル殺人事件」2020年秋に日本公開

193

ケネス・ブラナー監督・主演作「ナイル殺人事件(仮題)」の撮影が、英ロンドン郊外のロングクロススタジオおよびエジプトの名所で開始される。

原作はイギリスの作家アガサ・クリスティが1937年に発表した推理小説「ナイルに死す」。ジョン・ギラーミンにより「ナイル殺人事件」として映画化され、日本でも1978年に公開された。新たに映画化される本作では、ブラナーが「オリエント急行殺人事件」に続き名探偵エルキュール・ポアロに扮し、豪華客船で起きた密室殺人の謎に挑む。

共演者は「君の名前で僕を呼んで」のアーミー・ハマー、「ブラックパンサー」のレティーシャ・ライト、「ワンダーウーマン」のガル・ガドット、さらにアネット・ベニングローズ・レスリーラッセル・ブランドアリ・ファザルドーン・フレンチジェニファー・サンダース、エマ・マッキーら。脚本は「オリエント急行殺人事件」と同じくマイケル・グリーンが手がけ、製作にはブラナーのほかリドリー・スコット、マーク・ゴードン、サイモン・キンバーグ、ジュディ・ホフランドが名を連ねる。

ブラナーは「罪への情熱は危険でセクシーだ。アガサ・クリスティは心奪われるようなエモーショナルな物語と強烈な犯罪を描き、マイケル・グリーンは再び実を結ぶ脚本を書いた。アーティスティックなコラボレーション、豪華キャストの名演技によりディズニー、20世紀フォックスとアガサ・クリスティが結び付き、ミステリーの金字塔を大スクリーンによみがえらせる。65mmフィルムを使い、まったく新しいエンタテインメントに生まれ変わらせる」と自信をのぞかせている。

「ナイル殺人事件」は全米で2020年10月9日に公開予定。日本では2020年秋に封切られる予定だ。

映画ナタリーをフォロー