映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ゲキ×シネ「髑髏城の七人」最終章、「修羅天魔」の上映開始日が決定

104

「修羅天魔~髑髏城の七人 Season極」ビジュアル

「修羅天魔~髑髏城の七人 Season極」ビジュアル

劇団☆新感線による舞台の映像を映画館で楽しむゲキ×シネの連続上映が、東京・新宿バルト9など全国で実施中。このたびゲキ×シネ「修羅天魔~髑髏城の七人 Season極」の上映開始日が11月8日に決定した。

2017年3月から1年3カ月にわたり、花・鳥・風・月(上弦の月 / 下弦の月)・極と5シーズン6作品に分けてロングラン上演された「髑髏城の七人」シリーズ。その最終章にあたる作品が「修羅天魔」だ。

同作は天海祐希演じる極楽太夫、古田新太扮する天魔王の愛憎劇。これまでの「髑髏城の七人」とは物語を一新し、捨之介も蘭兵衛も出てこない新作として作られた。ほかに福士誠治竜星涼清水くるみ三宅弘城山本亨梶原善らが出演。ゲキ×シネ版では映像が新たに編集されるほか、音声もリミックスされ、ライブビューイングや放送とは一味違う映像を映画館のスクリーンと音響で体感できる。

上映館やスケジュールの詳細は、ゲキ×シネ公式サイトで確認を。

(c)TBS/ヴィレッヂ

映画ナタリーをフォロー