呪いの人形アナベル、“あの殺人人形”に反撃?世界中を旅する写真も公開

80

アナベル 死霊博物館」より、呪われた人形アナベルを捉えた写真6枚が到着した。

包丁を持つアナベルと傍らに倒れる赤毛の人形。

包丁を持つアナベルと傍らに倒れる赤毛の人形。

大きなサイズで見る(全14件)

凱旋門とアナベル。

凱旋門とアナベル。[拡大]

ジェームズ・ワンが製作を担当し、ゲイリー・ドーベルマンが監督を務めた本作は、「アナベル 死霊館の人形」「アナベル 死霊人形の誕生」の続編。超常現象研究家であるウォーレン夫妻の家に保管されたアナベルの封印が解かれたことから、保管室のありとあらゆる展示物の呪いが呼び起こされる。過去作に引き続きパトリック・ウィルソンとヴェラ・ファーミガがウォーレン夫妻を演じた。

リスボンでの観光を楽しむアナベル。

リスボンでの観光を楽しむアナベル。[拡大]

写真には、アナベルがフランスのエッフェル塔や凱旋門、ポルトガルのリスボンで観光を楽しむ様子や、メキシコのマリアッチとともに記念撮影をする姿が。さらに、包丁を持つアナベルと、殺人人形チャッキーを思わせる赤毛の人形が彼女の傍らに倒れる画像も公開された。「チャイルド・プレイ」の海外版ポスターではアナベルを殺害していたチャッキー。今回チャッキーへの反撃に成功したアナベルは、満足そうにほほえんでいる。

「アナベル 死霊博物館」は9月20日より全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全14件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

ジェームズ・ワンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アナベル 死霊博物館 / ジェームズ・ワン / ゲイリー・ドーベルマン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。