映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

特集「政治映画はサスペンスである」で「主戦場」や「タクシー運転手」など9本上映

551

特集上映「政治映画はサスペンスである」が、8月3日より東京・ポレポレ東中野で行われる。

同特集では、政治に関する映画9本を上映。日系アメリカ人のミキ・デザキが慰安婦問題を巡る論争をさまざまな角度から検証、分析したドキュメンタリー「主戦場」や、光州事件を題材にしたソン・ガンホ主演の韓国映画「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」、冷戦下のアメリカを背景に「ローマの休日」の脚本家ダルトン・トランボを描いた「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」、芸人・松元ヒロの日本国憲法を擬人化した一人芝居「憲法くん」をもとにしたドキュメンタリー「誰がために憲法はある」などがラインナップされている。

8月6日、9日、15日の「誰がために憲法はある」上映後にはトークイベントを実施。上映スケジュールやイベント登壇者は、劇場公式サイトで確認を。

政治映画はサスペンスである

2019年8月3日(土)~23日(金)東京都 ポレポレ東中野
<上映作品>
「主戦場」
「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」
共犯者たち
ザ・シークレットマン
「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」
「誰がために憲法はある」
1987、ある闘いの真実
沖縄スパイ戦史
わたしの自由について~SEALDs 2015~

映画ナタリーをフォロー