映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

スパイク・リーが応援、ベトナムの新鋭監督による「第三夫人と髪飾り」予告編

110

「第三夫人と髪飾り」

「第三夫人と髪飾り」

アッシュ・メイフェアの長編監督デビュー作「第三夫人と髪飾り」より、本ポスタービジュアルが到着。YouTubeにて予告編も公開された。

19世紀、北ベトナムの山間部を舞台に、大地主の第3夫人として14歳で嫁いできたメイを主人公にした本作。世継ぎとなる男児を産んだ穏やかな第1夫人、3人の娘を持つ魅惑的な第2夫人、そしてメイを取り巻く愛憎、悲しみ、希望を官能的に描き出す。脚本に惚れ込んだスパイク・リーが資金援助し、トラン・アン・ユンが美術監修を担当。グエン・フオン・チャー・ミートラン・ヌー・イエン・ケーマイ・トゥー・フオン(Maya)、グエン・ニュー・クインらがキャストに名を連ねた。

このたび公開された予告編では、ベトナムの美しい風景の中、メイが舟で川を上って嫁ぎにやって来る。そこで彼女は、男児を産んでこそ“奥様”となれることを知り、やがて妊娠。出産に向けて季節が流れる中、メイは第1夫人のひとり息子と第2夫人のある秘密を知ってしまう。

「第三夫人と髪飾り」は、10月11日より東京のBunkamura ル・シネマほか全国でロードショー。

(c)copyright Mayfair Pictures.

映画ナタリーをフォロー