映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

アルツハイマー病と闘ったカントリー歌手グレン・キャンベルのドキュメンタリー公開

112

ドキュメンタリー「アルツハイマーと僕~グレン・キャンベル音楽の奇跡~」が、9月21日より東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

合計6つのグラミー賞を獲得し、グラミー殿堂賞を3度受賞したカントリー歌手グレン・キャンベル。2017年8月に永眠した彼は、ザ・ビーチ・ボーイズの「ペット・サウンズ」、フランク・シナトラの「夜のストレンジャー」といったアルバムに参加したことでも知られる。映画では、アルツハイマー病を患いながらも、2011年に家族とともに「さよならツアー」を敢行したキャンベルの姿が捉えられた。

監督は「ロング・ライダーズ」「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」の製作に関わってきたジェームズ・キーチブルース・スプリングスティーンをはじめ、U2ジ・エッジポール・マッカートニー、ブレイク・シェルトン、シェリル・クロウ、キース・アーバン、テイラー・スウィフト、ブラッド・ペイズリー、レッド・ホット・チリ・ペッパーズチャド・スミスなど多数のミュージシャンが出演している。

日本のシンガーソングライターである矢野顕子は「小学生の頃から彼の歌う曲に心を震わせて来たファンとして、おこがましいが同じ業界の後輩として、何よりも音楽を作る喜びを知っているものとして、認知する力がどんどん衰えていくこの姿を記録させたことに、本人に、そして御家族とスタッフに、本当に頭が下がる。そして、涙が流れっぱなしだった私は、彼の永遠に渡るファンとなることもできた」とコメントを寄せた。

(c)2014 GC Documentary, LLC. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー