ジェイク・ギレンホールが見た“スパイダーマン”の素顔、トム・ホランドの魅力熱弁

1139

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」でベック / ミステリオを演じたジェイク・ギレンホールが、主演のトム・ホランドについて語るインタビューコメントが到着した。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

大きなサイズで見る(全11件)

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」アイアンマンビジュアル

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」アイアンマンビジュアル[拡大]

本作は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に属する「スパイダーマン」シリーズ第2弾。ヨーロッパを舞台にピーター・パーカー / スパイダーマンの新たな冒険が描かれる。

ミステリオ役で本作からキャストに仲間入りしたギレンホール。スパイダーマン役のホランドの魅力を「優しくて親身になってくれて、同時に強さも持っている。受け身ではなく積極的で、ユーモアのセンスがある。だけど彼の芯の部分は共感力にあふれているから、他人がどう感じるかを察することで自分の行動を決めるんだ」と表現する。

ホランドの身体能力についても「彼の身体能力はすごい。素晴らしいダンサーだ。動きがすごいよ。一緒の撮影の初日に、彼がトランポリンからジャンプして後方宙返りをして僕の前に着地したんだ。動きを締めくくるためにね」と絶賛。「過去にスパイダーマンを演じた人は何人もいるけど、彼ほど身体能力が高い人はいないし、彼ほどの動きができる人はいないよ」と賛辞が止まらず、「スタントクルーたちが彼に付いていたけど、できる限りのスタントを彼は自分でこなし、全力を尽くした。観客はそれを感じると思うよ」とリスペクトをのぞかせた。

ジョン・ワッツが監督を務めた「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は、明日6月28日より全国でロードショー。

この記事の画像(全11件)

関連記事

トム・ホランドのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム / トム・ホランド / ジェイク・ギレンホール / ジョン・ワッツ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。