映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

瀬戸利樹が甘え上手な歳下ボクサーに、ドラマ「偽装不倫」で仲間由紀恵と不倫の恋

115

東村アキコの同名マンガを原作とした連続ドラマ「偽装不倫」に瀬戸利樹が出演することがわかった。

が主演を務める本作は、アラサー、独身、実家暮らしの派遣社員で不毛な婚活に疲れた濱鐘子を主人公とするラブストーリー。彼女が一人旅の途中で出会った歳下のカメラマン・伴野丈に既婚者であると嘘をついたことから物語が展開していく。杏が鐘子、宮沢氷魚が丈、仲間由紀恵が鐘子の姉・吉沢葉子を演じることは既報の通り。

瀬戸は、葉子と不倫の恋に落ちてしまう天真爛漫な歳下男・八神風太(やがみふうた)役に抜擢された。甘え上手で人懐っこいが、プロボクサーらしく負けず嫌いな一面も持っているキャラクターだ。オーディションを経て100人近い候補から選ばれた瀬戸は、風太を演じるにあたって原作通り髪をピンクに染め、実際にボクシングジムに通い体作りに励んでいるという。

仲間との初共演について、瀬戸は「上品で知的で、本当に素敵な大先輩というイメージでした。撮影に入ると、本当は自分から話しかけないといけないのですが、仲間さんの方からコミュニケーションを取ってくださって、とてもお芝居しやすい状況を作ってくださっています。風太としてしっかり、仲間さん演じる葉子に甘えたいなと思います」とコメントしている。

そのほか葉子の夫・吉沢賢治に谷原章介、丈の姉・伴野灯里にMEGUMI、鐘子の親友・山田まさ子に田中道子、丈に一目惚れする高野恵梨香に夏子が扮することも明らかに。また伊沢弘朝加真由美が鐘子と葉子の両親を演じる。

「偽装不倫」は日本テレビ系にて7月に放送スタート。「のだめカンタービレ」「サバイバル・ウェディング」で知られる衛藤凛が脚本を手がけ、ドラマ「東京タラレバ娘」の鈴木勇馬と南雲聖一が演出を担当する。

水曜ドラマ「偽装不倫」

日本テレビ系 2019年7月放送スタート

瀬戸利樹 コメント

オーディションで風太役が決まったことについて

取材の休憩時間に、マネージャーさんからさらっと決まったことを聞き、信じられずに「本当ですか!?」と子供のようにはしゃいで喜びました。

風太というキャラクターについて

ピンクの髪もインパクトがありますし、純粋でまっすぐな人懐っこい男の子だなと思いました。大事に演じたいです。風太に共感できるところはたくさんあります。ボクサーで夢を追っているところは、(役者の道を進んでいる)自分と同じ。葉子さんに甘えたい気持ちもすごくよくわかります。自分も年齢より、フィーリングが大事だと思っているので、そういうところも同じだなと。ただ僕は、風太みたいにダダはこねないと思います(笑)。

ピンクに髪を染めた姿を鏡で見て

違和感はありますね(笑)。今後また同じ色に染めることがあるかわからないので、今はこの色を楽しみたいです。周りの皆さんは似合っていると温かく言ってくださっているので、自信を持って演じようと思っています。

体作りについて

風太役に決まってから、ボクシングジムに通い、ミット打ちや、スパーリングを練習しています。まだ怖くて、目を閉じてしまったりするのですが、視聴者の皆さんにボクサーとして見ていただけるように、乗り越えていきたいと思っています。

仲間由紀恵との共演について

上品で知的で、本当に素敵な大先輩というイメージでした。撮影に入ると、本当は自分から話しかけないといけないのですが、仲間さんの方からコミュニケーションを取ってくださって、とてもお芝居しやすい状況を作ってくださっています。風太としてしっかり、仲間さん演じる葉子に甘えたいなと思います。

加藤正俊(プロデューサー)コメント

風太はとても魅力のあるキャラクターで、原作マンガを読んでいる段階から、この役をできる俳優が実際にいるものかと悩んでいました。何度もオーディションを重ねてやっと見つけたのが瀬戸君。初めて会った時に、「いた!」と直感しました。彼が見せる自然な笑顔に、きっと多くの人が癒されると思います。

映画ナタリーをフォロー